吉井和哉 2年ぶりの武道館ライブでサプライズ発表

dwango.jp news / 2014年12月29日 11時1分

12月28日、吉井和哉が2年振りとなる東京・日本武道館公演を行った。

「YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~」と題されたライブは、6年ぶりに全方位開放で行われ、11月にリリースされた初のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』からの多数の選曲、カヴァーアルバムには入っていない沢田研二の『サムライ』カヴァー、2015年1月28日に発売されるTRIAD
移籍第1弾シングル『クリア』から『クリア』『ボンボヤージ』の2曲の新曲、ソロキャリアの代表曲、THE YELLOW MONKEY時代の楽曲などを幅広く織り交ぜアンコールを含めた全22曲を熱演し、集まった1万3千人のオーディエンスは久しぶりの吉井和哉の武道館ライブを2時間半以上にわたって堪能した。


また、アンコール1曲目に披露された『襟裳岬』では、カヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』のレコーディングにも参加している八千代少年少女合唱団、福島県伊達市立伊達東小学校の生徒達総勢40名がステージ上に登場し会場を沸かせ、初々しいコーラスで会場を彩った。

そして、ライブ終了後のエンドロールにて、3月18日に約4年ぶりとなるオリジナルアルバムを発売すること、さらに5月からニューアルバムを引っさげた全国ホールツアー16公演を行うことが発表され、会場は歓喜の渦に包まれた。

アルバムタイトル・ツアータイトルともに現在は未定だが、今後様々な発表が行われる予定なので楽しみにしておこう。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング