BUCK-TICK 15年連続武道館ライブ大熱狂

dwango.jp news / 2014年12月30日 12時0分

ホールツアー“BUCK-TICK TOUR 2014 或いはアナーキー”、10月からはスタンディングツアー“TOUR 2014 metaform nights 〜或いはアナーキー〜”と、約7ヵ月にわたって全国を席巻してきたBUCK-TICK。

その集大成とも言うべき“或いはアナーキー -N P P N B D K N-”が、12月29日に日本武道館にて行われた。BUCK-TICKが12月29日に日本武道館でライブを行うのは、今年で15年連続となる。

アルバム『或いはアナーキー』の一曲目を飾る『DADA DISCO –G J T H B K H T D-』から本編はスタート。続く『Devil’N Angel』から同期のリズムが繋がる『ICONOCLASM』で会場はヒートアップ。『ボードレールで眠れない』『PHANTOM VOLTAIRE』『サタン』『masQue』と続くブロックでは、楽曲の世界観をより深く彩る映像の美しさに息をのむ。一つの絵画が完成するかのように、演奏するメンバーと映像が一体化する。シュルレアリスムをテーマとした今作ならではの演出である。

この日のラインナップは『或いはアナーキー』の楽曲を中心にしながらも、『独壇場Beauty –R.I.P.-』や『ROMANCE』などシングル曲も組み込まれ、本来の“BUCK-TICK年末武道館”がもつ遊び心や自由度の高さが伺えた。

終盤、「今年たくさんどうもありがとう。みなさんにとっていい年でありますように。」との、年末らしい櫻井敦司のMCの後、来年2月に記念盤がリリースされる『惡の華』を披露。そして壮大なミディアムナンバー『HEAVEN』で本編を締めくくった。

鳴り止まない拍手と歓声に応えるように再びステージに登場したメンバー。アンコール一曲目は『メランコリア -ELECTRIA-』。ダブルアンコールでは『...IN HEAVEN...』からの『MOON LIGHT』と、久しぶりの1992年にリリースしたセルフカバーアルバム『殺シノ調ベ』バージョンに会場は大いに沸いた。

2015年2月25日には、今年9月26日に行われた“TOUR2014 或いはアナーキー”のホールツアーファイナル、NHKホール公演を映像化したLIVE Blu-ray & DVD『TOUR2014 或いはアナーキー -FINAL-』をリリース。その映像作品のティザー映像が公開された。彼らのこれからの活動にますます期待が高まるステージだった。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング