元旦アルバム E-girls × 中田ヤスタカ 初タッグで吹く新風

dwango.jp news / 2014年12月31日 0時13分

2015年元旦に通算3枚目のニューアルバム『E.G. TIME』の発売するE-girls。

発売日に先駆け12月25日から一部CDショップで販売が開始されたこのアルバムは、早くもオリコンアルバムデイリーランキングで初登場から3日間連続で1位を獲得するなど、好スタートを切った。

本作は、2014年夏の3ヶ月連続シングルリリースでヒットした『E.G. Anthem -WE ARE VENUS-』、自身がキャラクターをつとめたアニメのテーマソング『おどるポンポコリン』、2度目となるNHK紅白歌合戦で披露する代表曲『Highschool ▽ love』をはじめ、自身、史上最速で動画再生回数100万回を記録した今冬の最新ヒット曲『Mr.Snowman』など、話題曲を豊富に収録。

そんなニューアルバム『E.G. TIME』で注目すべきは、新しいE-girlsを感じさせる新曲たちだ。なかでも本作の目玉の1曲となっているのは、力強いダンスサウンドが際立つ『Music Flyer』という楽曲。

日本のエレクトロニックダンスミュージックのパイオニアであり、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーとして知られる中田ヤスタカ(CAPSULE)※ が、初めてE-girlsのために作詞・作曲・サウンドプロデュースを手がけた話題作だ。

中田氏が描く「加速する力に乗って 新しい風を感じたいわ 今変わりたいわ」という歌詞は、2014年更なる勢いをつけたE-girlsが新年にまた新しいチャレンジに向かう決意表名的な作品だ。

アルバムの発売日である元旦より ”新世代トークアプリ「755」”のTVCMとしても全国でオンエア開始される。2015年元旦に発表したE-girlsがみせるまた新しいサウンドに是非注目して欲しい。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング