アンティック-珈琲店-3度目「SUMMER DIVE」は野音で開催

dwango.jp news / 2015年1月6日 22時12分

アンティック-珈琲店-が今年最初のワンマンライブを1月5日(月)にZepp Diver City Tokyoで開催。

その日のライブの最後に、嬉しい発表が成された。それが、9月6日(日)に日比谷野外大音楽堂を舞台に「ANCAFESTA'15 SUMMER DIVE」を行うという知らせだ。

2008年8月30日に、横浜赤レンガ倉庫イベント広場特設ステージを舞台に第1回目となる「ANCAFESTA'08「SUMMER DIVE」」を開催。活動休止から2年半ぶりの復活劇を遂げた2012年9月8~9日の2日間に渡り、代々木第二体育館で2回目となる「ANCAFESTA'12 SUMMER DIVE」を実施。そして今回で、通算3回目の開催となる。

「アンティック-珈琲店-夏の風物詩」とカフェっ仔(ファン)たちの間で呼ばれている、この「SUMMER DIVE」。今年は、夏祭りと言うべきこの日に向け、いろんな展開が組み立てられてゆく。今年も、アンティック-珈琲店-の動きをしっかり追いかけていただきたい。

そんなアンティック-珈琲店-が、満員のカフェっ仔たちを迎え、1月5日(月)に今年最初のワンマンライブをZepp Diver City Tokyoで行った。タイトルに記したのが、「LIVE CAFE 2015 『マグニャカルタ』~新世界へ~」。『マグニャカルタ』とは、アンティック-珈琲店-が2006年11月に発売した2ndアルバムのタイトル。現在のメンバーであるtakuya(G)とゆうき(Key)が加入する前の作品ながら、『スマイル一番 イイ♀』や『メープルガンマン』など現在もライブで好んで演奏している楽曲を多く含む、「これぞアンティック-珈琲店-らしさ」を発揮した、バンドにとっても今だに重要な位置を占める作品だ。

この日のライブでは、同アルバムに収録した楽曲を全て披露したように、「『マグニャカルタ』縛り」のライブとして実施。当時の楽曲を、今のアンティック-珈琲店-だからこその姿に変えて披露。最新曲はもちろん、アンティック-珈琲店-初期の楽曲をいくつかメニューへ組み込んでいたように、長く応援し続けてきたファンたちには懐かしさ覚えるライブにもなっていた。

彼らは、アルバム『マグニャカルタ』発売時の姿を彷彿させる衣装姿で登場。ライブの中盤には小芝居を挟んでいたように、いかに当時の空気を現在へ甦らせ、新旧ファンたちを「アンティック-珈琲店-らしい世界へ招き入れるか」へ表現の主眼を置いていた。以下へ、その日の模様をダイジェストにまとめ、お伝えしよう。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング