きゃりー初のドラマ主題歌 10thシングルとして発売決定

dwango.jp news / 2015年1月7日 12時0分

昨年度は、2度のワールドツアーや、自身最大規模のアリーナツアーを成功、3度目のNHK紅白歌合戦への出場も果たすなど、勢いを止めることなく快進撃が続いているきゃりーぱみゅぱみゅ。

フジテレビ系にて1月15日(木)よりスタートする、坂元裕二脚本、真木よう子主演の新ドラマ木曜劇場「問題のあるレストラン」にて初ドラマ主題歌を担当することが決定。

サウンドプロデューサーCAPSULEの中田ヤスタカによってドラマのために書き下ろされた主題歌のタイトルはその名も『もんだいガール』。

ドラマの世界同様、頑張る世の女性たちの背中を明るく押すような、ポップでキュートな楽曲となっている。

ひとりひとりが持つユニークな個性や、常識に捕らわれない勇気などを応援するきゃりーぱみゅぱみゅらしい内容と、理不尽な男社会で奮闘する女性たちを描いたこのドラマのテーマとのユーモア満載なコラボレーションが実現した問題作となっている。

そして、この作品がきゃりーぱみゅぱみゅの10枚目シングルとして3月18日に発売されることが決定した。

カップリングには、ファンより発売を熱望されていた任天堂「Newニンテンドー3DS」CMソング『KISEKAE』、CHINTAI CMソング『My Room』を収録、初回限定盤には昨年に実施したワールドツアー「KPP NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014」や、アリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX」より厳選したライブ映像を収録した豪華盤を予定している。

木曜劇場『問題のあるレストラン』は、いよいよ来週1月15日(木)午後10時スタート。ドラマも主題歌も、現代社会に生きる人々のハートを、明るく楽しく暖かくする作品となっているので要チェック!

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング