「進撃の巨人」「ガンダム」などの人気劇伴作家・澤野弘之がベスト発売

dwango.jp news / 2015年8月13日 12時0分

「進撃の巨人」「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」「アルドノア・ゼロ」「ギルティクラウン」「キルラキル」「青の祓魔師」「戦国BASARA」などなど、誰もが知っている大ヒットアニメ作品のサウンドトラックを手掛ける人気劇伴作家・澤野弘之。

そんな多忙な澤野弘之が、このたび劇伴作家デビュー10周年を記念したサウンドトラック・ベストアルバム『BEST OF SOUNDTRACK【emU】(読み:ベストオブサウンドトラックイムー)』を2015年9月9日にリリースする。前述の大ヒットアニメ作品やTVドラマ、映画など、様々なジャンルから全37曲をセレクトした濃厚な作品となっている。

また、澤野弘之が昨年よりスタートさせた“ボーカル楽曲に重点”を置いた新プロジェクトSawanoHiroyuki[nZk](読み:サワノヒロユキヌジーク)の1stアルバム『o1(オーワン)』も同日9月9日に発売となる。

そして、このサウンドトラック・ベストアルバム及びオリジナルアルバム『o1』の発売を記念して、澤野弘之がなんと“CDショップ”のために楽曲を書き下ろすという企画が決定した。

企画は“全国CDショップディスプレイコンテスト”と銘打たれ、全国のCDショップ約230店舗が参加し、澤野弘之のサウンドトラック・ベストアルバム『BEST OF SOUNDTRACK【emU】』及びオリジナルアルバム『o1』の店頭ディスプレイを競いあうというもの。澤野弘之自身が審査員となって、最優秀賞に選ばれた店舗には、なんと澤野弘之がそのCDショップの店内放送用BGMが新曲書き下ろしでプレゼントされる。

「進撃の巨人」「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」や、NHK連続テレビ小説などを手掛けた、超多忙にして稀代の作曲家が、ひとつのCDショップのために楽曲提供をするという、なんとも興味深い内容となっている。

また、“全国CDショップディスプレイコンテスト”参加店では、CD購入者に対して豪華グッズなどが当たる応募はがき付きポストカードが配布されるので、参加CDショップに是非足を運んでみてほしい。ディスプレイコンテストの結果発表は9月下旬を予定しており、澤野氏の書き下ろし楽曲は11月下旬には最優秀賞店舗でオンエアされる予定。詳細はオフィシャルサイトにて。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング