米津玄師 新曲歌うFoorinとのアー写初解禁「子どもを舐めないところから」

dwango.jp news / 2018年7月24日 10時41分

「<NHK>2020応援ソング」プロジェクトとして米津玄師が書き下ろした新曲『パプリカ』を歌う小学生ユニット「Foorin」がNHK「あさイチ」に初めて生出演し、東京2020マスコットのミライトワ/ソメイティと共に、今夜放送の「内村五輪宣言」で『パプリカ』を初披露する事を改めて告知した。

2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクトとして、東京2020公認プログラムにもなっている「<NHK>2020応援ソングプロジェクト」。7月24日の今日は、東京2020オリンピック競技大会の丁度2年前にあたり、NHKでは終日オリンピック競技大会を取り上げる番組が続々と放送される中、19:30からは特別番組NHK総合「内村五輪宣言!~TOKYO 2020開幕 2年前スペシャル~」が放送され、番組内にて、Foorinが『パプリカ』を東京2020マスコットのライトワ/ソメイティと共に初パフォーマンスを行う。

その番組内で、米津玄師の未公開インタビューもオンエアされる事が決定し、合わせて、米津とFoorinの集合写真が初解禁となった。また、すでにNHKでは放送されているドキュメンタリー番組「パプリカ メイキング編」が、YouTubeにて公開された。

そして、8月15日発売の『パプリカ』のジャケットも初公開となった。米津玄師のライブ映像や、『ゆめくいしょうじょ』MVも手がけ、絵画、ドローイングの技法を活かしたアニメーション表現を中心に、映像作家として活動中の「加藤隆」氏による作品で、パプリカをモチーフに子供への祝福を感じさせるイラストに仕上がっている。

CDのブックレットの中には、その他のイラストも掲載され、初回盤にはジャケットのポスター型歌詞カードも収録されることとなっている。

尚、パプリカのCDの収益と米津玄師の印税全額は、「独立行政法人・日本スポーツ振興センター スポーツ振興基金」に寄付され、次世代アスリートの育成などのために使われる計画となっている。

<米津玄師 コメント>
(「パプリカ」楽曲制作に関して)
子どものころを思い返すことがここ最近の音楽活動に於いて、重要なテーマになっていたところに、ダイレクトに子どもへ向けた音楽を作ることになりました。子どもたちが素直に楽しめるものを作るためには、子どもの目線で生活を省みつつ、まず子どもを舐めないところから始めるべきだと思いました。この曲を聴いた子どもたちが、小さな世界を元気に生きていく為の糧になりますように。

米津玄師+Foorin集合写真 カメラマン:yusuke yamatani 
米津玄師「Lemon」新A写 カメラマン:Jiro Konami
Foorin A写真 カメラマン:TAKAKO NOEL

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング