【初日会見全文】MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN & WINTER 2019~ついに開幕

dwango.jp news / 2019年1月31日 18時0分

31日より日本青年館ホールで上演されるMANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN & WINTER 2019~の初日会見が行われ、秋組のキャストの水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲と、冬組キャストの荒牧慶彦、北園涼、植田圭輔、田中涼星、上田堪大が登壇した。

MANKAI STAGE『A3!』は、ダウンロード数550万突破のイケメン役者育成ゲーム『A3!』を舞台化。2018年のSPRING & SUMMER 2018公演を皮切りに、AUTUMN & WINTER 2019公演も、その話題性から全国各地に一大旋風を巻き起こしている。

以下、初日公演前に行われた会見全文。

水江:摂津万里役の水江建太です。いままで稽古期間でキャスト・スタッフみんなで作りあげたものを全力で披露し、舞台上でしかわからないことを沢山みつけて、千秋楽まで最後まで成長し続けていきたいと思います。みなさん応援よろしくお願いします。

中村:兵頭十座役の中村太郎です。『A3!』という作品に出演できることを本当に嬉しく思います。兵頭十座というみなさんに愛されているキャラクターをしっかりと演じられるように真摯に向き合って、二人三脚で演じていきたいと思います。よろしくお願いします

赤澤:七尾太一役の赤澤遼太郎です。僕個人的にすごく“ひつまぶし”みたいな舞台だなと思っていて、その理由は一つの舞台なのにめちゃくちゃ味が変わるんですよ!本当にめちゃくちゃ変わるんで、そこを味わって楽しんでいただければいいなと思います

稲垣:伏見臣役の稲垣成弥です。まずはケガなく最後まで走り抜けるように頑張っていきます。そして秋組・冬組が本格始動ということで、ぜひ多くの人に見てもらいたいと思います。最後まで応援よろしくお願いします

藤田:古市左京役の藤田玲です。僕はこの中で唯一春夏公演から続いてこの秋冬公演に出させて頂いているんですけど、春組夏組の時に組ごとに稽古しているのをみてすごく羨ましい部分がありまして、今回秋組に入ることによって、秋冬で切磋琢磨した稽古が出来たことをすごく嬉しく思っています。この秋組を皆様に披露するのがすごく楽しみ。楽しんでいただけるように精一杯毎日頑張ります。どうぞよろしくお願いします



荒牧:月岡紬役の荒牧慶彦です。この『A3!』という作品の原作は俳優育成ゲームということで、僕らもこのMANKAI STAGEを通してキャラクターとともに自身の俳優としてのスキルを成長させていけたらなと思っています。よろしくお願いします

北園:高遠丞役の北園涼です。今荒牧さんが言ったように、役とともに役者が成長できるのがエーステの醍醐味だと思っています。春夏が愛されたように、秋冬も負けないように愛されていければと思います。初日始まりますけど、稽古で培ってきたものをお客さんにやっと見せれるのか、という楽しみな気持ちと、これから成長していき、自分の今持っているものに甘んじることなく、最後まで向上心を持って取り組んでいけたらと思っています。応援よろしくお願いします

植田:御影密役の植田圭輔です。個人的に僕はこの舞台は“ひつまぶし”みたいだなと思います…。(笑)すみません、冗談はさておき、うちのリーダーが言っていたように、役者が役者を演じるというのはなかなか不思議な気持ちでもあるんですが、僕たちでしか出せない、このエーステにしか出せない『A3!』の魅力がこの作品にはあるんだなと思っています。それに伴って、僕たち秋組キャストたちが演じる意味を、冬組でしたら僕たちでしか演じられない冬組っていうものは何なのか、というのを最後まで突き詰めて、みんなで考えれば考えるほどきっと素敵なものになっていくし、きっと日々変わっていくものだと思っていますので。この作品をサポートしてくれる春組・夏組の分も、キャストみんなで精一杯咲きたいなと思っています。応援よろしくお願します

田中:有栖川誉役の田中涼星です。より『A3!』という作品を愛してくれるように、冬組・秋組・それぞれのキャラクターをより愛してくれるように、精一杯頑張りたいと思っています。よろしくお願いします

植田:雪白東役の上田堪大です。この『A3!』が決まったときから僕もアプリのほうをさせていただいて、キャラクターを愛することを学んで、課金もいっぱいしました。(笑)そのくらいキャストそれぞれがこの作品に対してキャストそれぞれ愛情をもって役を、カンパニーを愛してきたと思っているので、お客さんと一緒に満開の笑顔で終わらせていけるように全力で駆け抜けていきたいと思います。応援よろしくお願いします


―それぞれ組ごとに家族や友達や仲間、といった表現がありますが、ご自分の組を表現すると何だと思いますか?

水江:僕は兄弟かなと思います。熱いです。秋組

荒牧:冬組はひつまぶしです(笑)
植田:いろんな味わい方があると思います(笑)


―稽古場でイチオシのエピソードを教えてください。

藤田:秋組は彼が(稲垣)料理が得意で、歌のパートで(料理が)出てくるんですけど作ってきてくれるんです。あまりにもそれに思い入れがありすぎて、歌の時にその料理名を歌ってしまう。まったくそんな歌じゃないんですけど(笑)、というエピソードがあります。


荒牧:冬組は常に一緒にいて面白いんですけど、ひとつピックアップしろと言われたら…
植田:ここで言えない感じ?なんだろうね(笑)
荒牧:なんだろうね、思い出したら言います(笑)
植田:僕が急にお腹痛くなった話とかならあるんですが、たぶんダメだと思うので(笑)


―リーダーに向けて他の4人の方は言いたいことはありますか?

中村:いつも助けてもらって、すごいポジティブで、本当に感謝しかなくて、ありがとうございます。2人のシーンも多いから、頑張ります

赤澤:僕から見た建太くんはめちゃくちゃ熱い男で、万里にぴったり。頑張りましょう!

稲垣:ずっと真面目に芝居やダンスや歌のことを考えていて、すごいなと尊敬できる部分がとてもあって、建太がリーダーでよかったと思っています

藤田:本当にみんな言った通りなんですけど、すごいストイックでまわりのことをちゃんとリーダーとして考えながらも、自分でも一切手を抜くことがなくて、若いのにすごいなと。本当リーダー気質。リーダーになるべくしてなったんだなと思います

水江:ありがとうございます!恥ずかしいな、これ(笑)


北園:荒牧さんは嫌なところがひとつもない。それでいてストイックなところもあり、必ず残って稽古終わった後これをしよう!と引っ張っていってくれる方なので、それのおかげで冬組もまとまったなと、これから先もいろんなことに気づいて声をかけてくれる方なんだなと思います。いつも本当にありがとうございます

植田:荒牧慶彦という人間にしか出来ない引っ張り方というか、強要することなく、背中をバンとみせるからついてこい!でもなく、すごく空気が読めるんですね。なので、全員で作っていく中、すごくバランスがいいです。そのバランスをすごく取ってくれるのがマッキーなので、紬でよかったなと思います。あとは天然ボケを治してほしい(笑)
荒牧:そうね…(笑)

田中:冬組のなかで一番年下なんで、それをあまり気にさせないようにしてくれています。他の先輩もそうなんですけれども、いじってくれたり、優しくしてくれたりして。それを率先してやってくれたのがマッキーさんかなと。僕は優しさのかたまりだと思っています。これからは親しみをこめてマッキーと呼ばせていただきます!

上田:心が綺麗な人はこういう人なんだということを感じました。僕が汚れているわけじゃないんですけど、マイナスイオンがでているというか、スンと気持ち良くなる、この人といると。その中で稽古とかでもスパルタな時がたまにある。最初の振付のときも…
北園:すぐおしり叩きます!(笑)
荒牧:叩いていない!叩いてない!(笑)
上田:でも嫌な感じが全くなく、素敵な人だと思います。これからも4人はついていきます
荒牧:今から焼肉いこうか!(笑)
上田:こういうところが愛されるところです!


ⒸLiber Entertainment Inc. All Rights Reserved. ⒸMANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング