NMB48白間美瑠 東京五輪新種目に挑戦、グループ随一の運動神経で魅せる

dwango.jp news / 2019年8月9日 15時4分

ニューシングル『母校へ帰れ!』(8月14日発売)でセンターを務めるNMB48白間美瑠の初!冠番組「NMB48白間美瑠の金メダル獲ったんで!」がCSテレ朝チャンネル1で、8月30日(金)よる7時から放送される。


来たる2020年の東京五輪の新競技の注目選手を独自の目線で取材するほか、48グループ随一の運動神経で、新競技にチャレンジし、その楽しさや奥深さ、ルール等、カラダを張って体験していくもの。待望の1st写真集が6月に発売されるなど、目覚ましい活躍をみせる白間美瑠のアクティブな魅力がぎゅっと詰まった1時間となっている。

釣ヶ崎海岸のすぐ近くで撮影スタート!白間は「人生初の冠番組ということで、とっても嬉しいです!ちょっと緊張していますが、いろんな私を見せていけたらと思っています!」と意気込みを語った。この海で出会ったのが、なんと16歳でサーフィン日本代表の脇田紗良選手だった。「いま、波の上でダンスしてましたよね!」と実際のパフォーマンスを目の当たりにした白間は、羨望の眼差しを送る。

サーフィン経験のある白間は、浜辺でパドリングからライディングまでの基本動作を学んだ後、さっそく海へ!久しぶりだったせいか、最初はなかなか波に乗れなかった白間だが、さすが持ち前のセンスで、徐々に立ち始め、陸から離れて大きな波の方へ。

日本代表・脇田選手のアドバイスに、「動きに無駄がないわ~!」と惚れ惚れする表情でそのテクニックを習得し、波乗りジャパンの凄さを身をもって体感した。     

また、白間は、彼女の自宅も訪問。日常のトレーニングの様子を見学したり、ほぼ毎日食べているという“五輪への勝利のレシピ”でもある餃子作りを体験。普段はほとんど料理をしないという白間の「アレンジレシピ」にも注目だ。精力的に取材を進めていると、「伝説のサーファー」と呼ばれる父親が帰宅。「サーフィンの聖地」ハワイ・オアフ島ノースショアの「パイプライン」(※世界で最も危険で美しい“波の女王”と呼ばれるパイプライン)に世界で唯一自分の名を刻む日本人サーファー 父・貴之さん。食卓を囲んだ雰囲気の中で、愛娘に対する父親の「東京五輪へ寄せる熱き思い」、父娘の「絆」の深さなどのトークが展開された。

スポーツクライミングとは、「スピード・リード・ボルダリング」の複合競技。その中でも「リード」を得意とするリード・ボルダリング日本代表・小武芽生選手(22歳)が、高さ10mはあろうかという場所から、白間を待ち受けた。実は、白間は、今年4月から、雑誌の連載で本格的にクライマーを目指して挑んでいるのだが、まだあまり馴染みのない「リード」という競技に興味津々。早速、体験すべく、ハーネス(安全ベルト)とそれに巻き付けられたロープを身体に縛りつける。 

高さ12m―。えげつない角度で立ちはだかる壁と、一対一の真剣勝負。しかし、白間は、「絶対ムリですよ」と言いながらも、我々の想像を遥かに超える負けず嫌いな根性と運動神経で「てっぺん」を目指すことに!いざ「完登」へー 気になるその結果はー「とてもクリップが上手くてびっくりしてます。クリップを開けながら登るっていうことは、片手で耐えてる時間が長いのですが、そこをほぼ完璧にこなし、足の置き方も教えてないのに結構つま先で置いたりとか、チョークアップ(登りながら手にチョークをつける事)する余裕もあって、スゴかったです。ここまでのレベルに行くには、普通は2日を要するんですけどね!」と、小武選手に次の「パリ五輪」を薦められるほどのパフォーマンスを見せたのだった!

白間は、このあと小武選手のスゴ技テクニックや、トレーニング法、3種目のルール(※特にリードは、「予選」ではあらかじめ競技のデモンストレーションを見ることができるが、「準決勝/決勝」では進出選手全員でオブザベーションし、その時間が終わったら、控室に戻され、他の選手が登る様子が一切見れないように隔離される…等)を聞き出し、意外と知らない競技の奥深さに感心しきりだった。

また、プライベートな面でも、「うさぎ」が好きだという小武選手のために、「うさぎカフェ」に行ったり、お肉が大好きだということで、極上絶品肉で“決起集会”をしたりと、その距離を縮め、東京五輪に懸ける彼女の熱き思いも存分に引き出し、その競技と選手の素顔に精一杯のエールを送っていた。

「サーフィン」ロケに関しては、NMB48古賀成美と、「スポーツクライミング」に関しては、NMB48山本彩加とともに体験リポートした。


<白間美瑠に収録後に聞きました!>

NMB48では、普段、今回の番組のような「進行役」を任されることが多くないので、かなり緊張もしましたし、とても心配でしたが、収録を終えてみて、「確実に自分の成長にもつながっていると思うし、やりがいがあったなって思えたので、ホント貴重な経験をさせていただいたと思っています。自分で言うのも照れますが、運動神経は良い方だし(笑)、なんでも熱くなれる性格なので、もっと色んなスポーツを経験して、紹介していきたいなって思いました。人が見ていないところでも、誰よりも人一倍努力して、練習していかないと、「大きな壁」に挑める自信もつかないし、誰よりも輝くことはできないなって思いました。取材させていただいた選手たちも、同年代だったりで、たくさんの刺激をもらいました。戦っている時はあんなに逞しい背中や、表情だったりで、「芯」が通っているなって感心するんですけど、フッて気が抜けた表情を見せた時(例えば、ごはん食べている時だったり、うさぎと触れ合っている時だったり)に、ギャップがあってキュンキュンしたので、慣れない立場から、たくさん冷や汗もかきましたが(笑)、“私の成長”も、どうか優しい目で観ていただけたらなと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング