TAKAHIRO、撮影中に甲高い悲鳴「股間から入ってきたんです」

dwango.jp news / 2019年8月20日 20時35分

本日、『3人の信長』(9月20日公開)完成披露舞台挨拶が都内で開催され、TAKAHIRO、市原隼人、岡田義徳、髙嶋政宏、前田公輝、坂東希、渡辺啓監督が登壇した。


永禄13年、桶狭間の戦いで今川義元を破った織田信長への復讐に燃える義元の家臣・蒲原氏徳らだったが、捕らえた信長は3人いた――。信長・甲、乙、丙を演じたTAKAHIRO、市原、岡田。「企画が面白くてクランクインが待ち遠しかった」(TAKAHIRO)「とにかく脚本が面白かった」(市原・岡田)と“新しい時代劇”に胸を躍らせたという。


そんな3人の信長と対峙するのが蒲原役の高嶋。「3人の息がピッタリで素晴らしかった」と俳優としての魅力を述べつつも「なにが嬉しかったかというと、TAKAHIROさんからのクレープ屋1軒の差し入れですね」と裏話を披露。高嶋の話にTAKAHIROは「島根の山奥での撮影で、お店もないし、スケジュールも大変でタイトななか、みんなで撮影していたので、なにか喜んでほしかった」と理由を説明。


さらに前田が「TAKAHIROさんはクランクアップされたあとにも、クレープ屋を差し入れしてくれたんです」と追随すると、客席からは拍手が巻き起こる。司会者から「何回差し入れしたんですか?」と聞かれたTAKAHIROは「太っ腹なんで覚えていないです」と発言し客席を笑わせていた。


またTAKAHIROは、渡辺監督から、撮影中の意外な一面も暴露されタジタジになるシーンも。夜の山奥での撮影は虫との闘いだったというと、あるシーンでTAKAHIROの着物のなかに、蛾が入ったしまったという。そのとき意外に高い声を出したことが明かされると、TAKAHIROは「股間から入ってきたんです。蛾だったのでびっくりした」と苦笑いを浮かべていた。


紅一点となったFlower、E-girlsの坂東は、あまり他のキャストとの共演シーンがなかったと言うと「みなさんのお話を聞いていて、一緒に撮影したかった」と残念な顔を見せると「いつもは女の子ばっかりのなかにいるのですが、この撮影では女子一人だったので、スタッフさんにも親切にしていただけました」と懐かしそうに撮影を振り返っていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング