東京パフォーマンスドール高嶋菜七、憧れていたラジオパーソナリティに

dwango.jp news / 2019年8月23日 22時56分

10月5日より毎週生放送されるNHKラジオ第1「ミュージック・バズ」のメインパーソナリティを、東京パフォーマンスドールのリーダー、高嶋菜七が担当することが明らかになった。


 「ミュージック・バズ」は、「いま」本当に「ヒットしている=バズっている」音楽を、データや専門家、さらにはDJの今井了介氏の分析を交えながら解き明かしていくラジオ番組。ゲストとして「いま」の音楽シーンを創り出しているジャンルを超えたアーティストが出演し、音楽への思いやモチベーション、将来の構想などのトークが繰り広げられる。まさに、「これを聴けば、音楽シーンの未来が分かる」という、新しい形の音楽番組となっている。

 

<高嶋菜七コメント>

この度あこがれていたラジオのレギュラーパーソナリティを担当できて本当にうれしく思います。毎回沢山のゲストアーティストをお迎えするのですが、私自身も刺激をうけつつ、色々な事を学んでいければと思っています。生放送は時間がすごく短く感じるほどに集中力が必要なので毎回コンディションを整えて臨みたいと思います。幅広い世代のリスナーさんに音楽の楽しさを届けられるように頑張ります。


高嶋にとっては初のラジオパーソナリティとなるので、是非チェックして頂きたい。

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング