木村文乃主演、人気シリーズ第3弾『蝶の力学 殺人分析班』青木崇高&菊地凛子ら参戦

dwango.jp news / 2019年8月29日 19時10分

木村文乃主演で、2015年『石の繭』、2016年『水晶の鼓動』として放送され大ヒットしたクライムサスペンスシリーズ「殺人分析班」。その第3弾『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』がスタートする。


今作では、遺体の首に青い花が活けられる連続猟奇殺人事件が発生。麻見和史著の原作シリーズの中でも、最もミステリー要素が強く難解な事件が描かれる。キャストは主人公・如月塔子役の木村文乃や、先輩刑事・鷹野秀昭役の青木崇高らおなじみのメンバーが集結。今回、頼れる相棒の鷹野の異動が数日後に迫る中、難解な事件の捜査に行き詰まる塔子の不安と葛藤を木村がどう表現するか期待が高まる。監督を務めるのは、シリーズ全作の世界観を構築する、内片輝。脚本は、濃厚な刑事ドラマを世に送り出してきた穴吹一朗。尚、本作は4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)版も制作する。


この度、本作のフルキャストが解禁となった。塔子を擁する、殺人分析班メンバーには、相棒・鷹野秀昭役に青木崇高、チームメンバーの徳重英次役に北見敏之、石倉毅役に藤本隆宏、尾留川圭介役に小柳友。チームを見守る上官、早瀬泰之役に渡辺いっけい、手代木行雄役に勝村政信、神谷太一役に段田安則。そして、塔子の母親・如月厚子役に神野三鈴、元刑事の亡き父親・如月功役に仲村トオルとお馴染みのメンバーが再集結した。


そして、ドラマオリジナルの新キャラクター・相羽町子を菊地凛子が演じることが決定。町子は、主に司法解剖を担当する法医学者で、鷹野とは昔から繋がりがあった人物。本作では事件のヒントを教えてくれるメンター的な存在となる。3作目となり、殺人分析班をはじめとする周りの登場人物は、実力を備えた塔子をチームのエースとして慕うが、鷹野が去ることに一抹の不安を感じていることを隠し切れていない。殺人分析班は窮地を乗り越えられるのか。


また、塔子の相棒・鷹野秀昭役の青木崇高、法医学者・相羽町子役の菊地凛子からのコメントも到着。


<青木崇高コメント>

―「連続ドラマW  蝶の力学  殺人分析班」で、三度、鷹野秀昭を演じることが決定した際のお気持ちをお聞かせください。

暑い中、熱い現場に挑めること、スタッフ、キャストに厚く御礼申し上げます。

―3作目となる本作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」に期待することはどのようなことでしょうか。

期待する側ではありません、期待させる側として一生懸命やっていきます。

―視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

ここまでのドラマはWOWOWでしか描けないかも知れません。殺人分析班、そして如月塔子の成長ぶりをお楽しみ下さい。


<菊地凛子コメント>

―「連続ドラマW  蝶の力学  殺人分析班」に出演が決定したときのお気持ちをお聞かせください。

シリーズに新たに参加できることに喜びを感じております。

―最初に脚本を読まれた時の感想についてお聞かせください。

脚本を読んでこのジメッとした匂いに引き込まれ、本能とは何なのか、命の愛し方とは何なのか、この世界で自分が一体どうなるのかまだ想像がつきません。

―視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

そんな危うい世界、倫理を超越したこのサスペンスにどっぷり浸かって頂くことを楽しみにしております。


3作目となる本作の放送を記念して、11月9日(土)(※10日未明)にはシリーズ1作目『連続ドラマW 石の繭 殺人分析班』、11月10日(日)には2作目『連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班』の一挙再放送が決定。さらに『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』をより楽しむための予習として、関連番組『「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」徹底ガイド!』も放送される。ぜひチェックしてみよう。


「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」全5話  

放送日時:11月9日(土)24:00~28:35


「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」全5話

放送日時:11月10日(日)18:00~23:00


大ヒットシリーズ待望の第3弾!「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」徹底ガイド!

放送日時:10月6日(日)夜10:25ほか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング