『凪のお暇』武田真治がぶっ込んだ“呪文”に激震「フライング他局」「最高」

dwango.jp news / 2019年8月31日 15時18分

金曜ドラマ『凪のお暇』(TBS金曜22時~)で大人気キャラクターの一人と言えば、武田真治が演じるスナック「バブル」のママ。筋肉ムキムキ。タンクトップ姿で見た目は少々濃いキャラだが、慎二(高橋一生)や凪(黒木華)の話を優しく聞き、核心をついた言葉を投げかけ、時には視聴者をもドキッとさせる。

そんなママから30日の第7話放送中に飛び出した“あの言葉”で、「まさか!?」「驚きすぎて3度見返した」「聞き違いかと思った」「鳥肌たった!」と視聴者は大いに盛り上がった。(以下、ネタバレあり)

その言葉が飛び出したのは、凪(黒木華)が坂本さん(市川実日子)と一緒にコインランドリーを経営しようと決意したことを、「バブル」でママ(武田真治)に話す場面。

話をきいたママが、「あんたがコインランドリー経営?潰してからが始まりみたいなもんだから」と言うと、特製の鶏照り丼を常連さんに提供した。そのときに添えられた言葉が、

「バルス、どうぞ~」


この日は、他局でスタジオジブリの長編アニメーション映画『天空の城ラピュタ』が同時刻に放送されており、ご存知の方も多いと思うが、「バルス」というのは『天空の城ラピュタ』で出てくる滅びの呪文だ。

『凪のお暇』を見ていたファンは、「バルス?!ママなんて言った??」「ん?バルス?聞き間違えた?」「え、、こっちでバルス出る!?」「まさかのバルスw」とざわざわ。

リアルタイムでは、『天空の城ラピュタ』でのバルス発言シーンよりも早く、『凪のお暇』で「バルス」が放送されたことで、「え、裏番組の方が早いってどういうことよ!!フライング他局」「「令和初」のバルス、本家より先に裏番組で言われる」「今日本はバルス済勢と未バルス勢に分かれるという大変珍しい事態になってる」とその状況を楽しんでいる様子がうかがえた。しかもその瞬間流れたクレジットのテロップも「パスカルズ」とニアミス。狙ったかどうかは定かでないが、遊び心のある演出に大いに沸いた。

「バルス」はトレンド入り。トレンドの並びだけ見ると、本家の方でトレンド入りしたのかと思ってしまうが、実はママ(武田真治)の「バルス」だった。

気になって録画を見直したというファンも多く見受けられ、「聞き間違えじゃなかった!!」「やっぱりバブルのママラピュタの裏でバルスって言ってたw」と興奮気味な投稿が。そして、この演出には、「粋な計らい!(笑)」「ママにバルスを言わせる位の余裕と遊び心がある」「こういう遊びの演出好き」と反響が大きかった。

ドラマ『凪のお暇』は、こんなふうに遊び心のある細かい演出が随所に散りばめられているのも魅力。話の本筋はもちろん、細かい演出にも目をこらし、耳をそばだてながら楽しんでみてはいかがだろうか。


画像(C)TBS




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング