初代サンスポGoGoクイーン&橋本梨菜、体験談をアドバイス

dwango.jp news / 2019年9月9日 22時0分

9月23日に行われるサンスポGoGoクイーンオーディション大磯ロングビーチ撮影会&サンスポレースクイーンAWARD2019・グランプリ発表イベントの取材会が9日、都内で行われ、昨年度のサンスポGoGoクイーン&ゲストアイドルの大貫彩香、高崎かなみ、真島なおみ、河路由希子、薄井しお里、橋本梨菜(ゲストアイドル)、レースクイーンAWARD2019ファイナリストの今井みどり、川村那月、中村比菜、宮本りおが出席した。


昨年の「サンスポGoGoクイーンオーディション」でグランプリに輝いた大貫、高崎、真島は、今年グランプリを狙うグラビアアイドルたちを応援する立場として、撮影会に参加するが、大貫は「グランプリを獲得してから、たくさんの人に注目してもらい、SNSのフォロワーも倍ぐらいに増えました」とグランプリの効果が大きかったことを述べると「袋とじに挑戦したり、セクシーなお仕事も増えたりしていますが、女性のファンにもいいなと言われるように頑張りたいです」と更なる飛躍を誓う。

高崎も「昨年はグラビアの経験もなく、水着も1着しか持っていなかったのですが、今年は可愛らしいものや、ちょっとだけセクシーな水着にも挑戦したい」と意気込みを語ると、真島も「ちょうど初グラビアが世に出るか出ないかぐらいで、グランプリをいただきました。昨年は撮影会も初めてで分からないことだらけでしたが、1年間グラビアのお仕事に携わらせていただき、水着も自分で選ぶようになったし、ポージングも上手になったと思います」と成長をアピール。さらに真島は「いろいろな撮影で、どうやったら喜んでもらえるかを研究したので、いろいろな私を見せられたら」と抱負を述べていた。

また、昨年に引き続きゲストアイドルとして、撮影会に参加する「日本一黒いグラドル」こと橋本は「〇〇グランプリなど、ひとつ肩書きがあるだけで、お仕事がしやすくなります。私も“日本一黒い”という特徴でやっているので、今年コンテストに出場する方は、グランプリを目指して頑張ってほしいです」とエールを送っていた。

また、この日は「サンスポレースクイーンAWARD2019」のファイナリストである、今井、川村、中村、宮本も取材会に出席。それぞれレースクイーンの衣装を身にまとい登場すると、グランプリ獲得に向けて、それぞれの熱い思いを語っていた。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング