高畑充希、脚本家遊川和彦氏と再タッグ「だいたい変な人をやらされる」

dwango.jp news / 2019年9月26日 6時0分

日本テレビ系10月期新水曜ドラマ「同期のサクラ」(10月9日より毎週水曜22時〜)の記者会見が23日、神奈川県内のスタジオで行われ、主演の高畑充希、出演の橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音が出席した。


 同ドラマは、主演に高畑、脚本に遊川和彦氏を迎え、『過保護のカホコ』の制作チームが再結集して制作されるオリジナルドラマで、過疎の離島で育ち、故郷の島に橋をかけるという夢のため、どんなときも自分を曲げず、忖度できない主人公・北野サクラ(高畑)が、ゼネコンの花村建設に入社し、同期たちと出会った2009年の春から10年間を、1話ごとに1年ずつ描いていく。

『過保護のカホコ』以来、2年ぶりのタッグとなる高畑は、脚本を読んだ感想を尋ねられると「完全オリジナルなのでドラマになるのかわからないうちにご一緒させていただくことが決まって、(撮影が始まる前に)これでもかってくらい話し合いタイムが設けられて、クランクインまでにグッタリしました」と吐露して会場を沸かせ、「みんなそれぞれ熱い方が集まっていて、みんな同じ方向を向いていうわけじゃないから、それを同じ方向に向くようにするまでにグッタリしました(笑)」とコメント。

また、自身が演じるサクラについては「忖度しない人で、私は気を回しちゃうときがあるから、サクラという人は忖度できなさすぎて生き方としていいのかわからないけど、すごくかっこいいし、嘘がないから信用できる人だなと思うので、憧れる部分もあるし、眺めていて面白いところもあります」といいつつ、「遊川さんと組むとだいたい変な人をやらされるから(笑)、私は普通の人だということを伝えたい(笑)。超ノーマルということを伝えたいけど、一生懸命やります」と強く訴えた。

サクラの同期・百合を演じる橋本は、民法の連続ドラマに出演するのは5年ぶりだそうで「5年ぶりというのはネットニュースで知ったんですけど、ドラマって期間も長いですし、本当に自分が伝えたいものがあるって思ったものに力を注ぎたいなと思っていて、今回の作品だと、自分の信念と同じような匂いを感じたので、“大丈夫だな。頑張ろう!”って思えたのが最初の入り口です」と打ち明け、高畑演じるサクラを「日常では出会うことのない妖怪レベルの人」と表現して笑いを誘いつつも、「ドラマという特殊な世界で出会えるのも面白いし、サクラの中にある根っこの部分は人間らしいもので、それを見るたびに“私に近いかもしれない”って思うんですけど、自分が演じる百合ちゃんは真逆なので、それをどうにか百合ちゃんの思考と感情に引き戻すのが大変で、応援したくなっちゃうところをどうにか心の中で毒づいて頑張っています」と演じる上での苦労を明かした。

また、同ドラマでサクラたちの10年間を描くことにちなみ、10年前の自分と比べて変わったところを尋ねられると、高畑は「10代のときは1人が好きで、1人で全部完結していたというか、あまり人と関わらないでいたいなと思っていたし、閉ざしていたんですけど、10年前と比べたらものすごく社交的になったと思います。人とちゃんと喋ろうって思うようになりました」と笑顔で答え、橋本は「13歳と比べたら何もかもが違いすぎてちょっと(笑)。全部違うな、どうしよう(笑)」と困りつつ、「身長がすごく伸びました。20センチくらい伸びました」と明かした。

さらに、撮影で楽しみにしていることについて高畑は「今、台本が3話まできているんですけど、面白さが加速していて、もしかしたら4話でストップしちゃうかもしれないんですけど(笑)」とコメントすると、遊川氏から「うるせーよ!」と怒号が飛んで笑いを誘い、高畑が「なので台本が来るのが楽しみです」と続けると、遊川氏は「頑張りまーす」と応じた。

同じ質問に橋本は、撮影初日に10年後の百合として子どもを抱いたことを明かし「すごくかわいくて、あの子にもう一度会うために頑張ります」と頬を緩め、「母親役が初めてで、いつかできたらいいなと思っていたんですけど、今回特殊な形でそれが叶いました。10年後の母親になった百合ちゃんをやってその子を抱いて、お母さんの気持ちはわからないけど、0.01ミリくらいは感じられたのかなと思うので、またあの子に会いたいです」と声を弾ませた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング