Fカップ美ボディ南沙羽、真っ赤な “勝負水着”で悩殺

dwango.jp news / 2019年11月2日 21時48分

10代の頃から女優や声優として活動していた南沙羽は、今年3月にリリースした1stDVDDVD『夢を追いかけて』でグラビアデビュー。上品なルックスに87cmのFカップバストを惜しみなく披露してグラドルファンの視線を釘付けにした。そんな彼女が早くも3作目となるDVD『恋の鼓動』(ギルド)をリリース。その発売記念イベントが2日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、真っ赤な水着姿となって自慢のボディを披露して訪れたファンを悩殺した。


「今日は勝負水着にしてみました。DVDのタイトルが『恋の鼓動』なので、何となく赤にしてみたんですけど、どうですか?」と報道陣に迫るその仕草が妙に色っぽかった南。溢れ出そうなFカップのバストはもちろん、脚線美も最高の眺めで、圧倒的なスタイルに報道陣たちが酔いしれた。

最新作は、8月に山梨県河口湖と都内で撮影されたもの。「前2作はバリ島での撮影で、今回初めて国内で撮影しました。和服が多かったので、国内ならではの感じで撮れたと思います」と振り返った南が、今作では携帯小説家を熱演している。

「私が携帯小説家で、新しい作品を書くために旅館に泊まっているという設定になっています」とDVDで演じた役柄を説明しつつ、「新しい作品を書くために書けなくて悩んでいて、自分の経験値を上げるためにバニーガールやOLの衣装を着るという、携帯小説家とは関係ない衣装が見どころだと思います」と見どころを紹介。バニーガールの衣装は初めてだったといい、「元々着たい衣装でした。やった!着れる!という感じで、初めてのバニーちゃんになれて嬉しかったです」と願望が叶って満足げだった。

旅館に泊まる携帯小説家ということで、今回は和装が多かったという。「浴衣もいくつかあって、オレンジの襦袢を着た時はお風呂で襦袢が濡れてすごくセクシーに仕上がっていると思います」と透け感が楽しめるシーンを挙げながら、「競泳水着も新しい感じで、それを着てアイス2本使いながら色々とやっちゃいました(笑)。色々?1個は舐め、もう1個は身体に当てるという…(笑)。アイスはさすがに冷たかったんですけど、楽しかったですよ(笑)」と意外にも好感触の様子だった。

今作は、同じ事務所に所属する清瀬汐希との共演シーンも収録されている。「彼女のDVDと同じシーンがあってコラボしました。2人で同じ男性を取り合っているみたいな、バチバチした感じがあり、そこが面白いと思います」と2人で旅館の従業員を奪い合う三角関係のシーンも見どころだといい、「3人でお風呂に入り、「私の方が上手く洗える!」とか結構バチバチしていて、汐希ちゃんと結構言い合ってますね」と女の激しい戦いが繰り広げられるとか。

そんな彼女は今回、前2作に比べて「自分で攻めたいと思って臨みました」とセクシーなシーンにも果敢にチャレンジしたようで「新しくステップアップできたと思っています」とグラドルとしての成長を実感。「来年は写真集を出せたらと思います。DVDでは白衣を着てみたいですね。看護師か医者か研究者か。白衣は着たことがないので着てみたいですね」と今後の抱負を語ってくれた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング