「ミスiD 2020」グランプリ、15歳の美少女中学生 嵐莉菜が戴冠

dwango.jp news / 2019年11月23日 21時0分

女優の玉城ティナや、“ゆうこす”こと菅本裕子らを輩出してきた講談社主催のオーディション「ミスiD 2020」のグランプリ・各賞発表イベントが23日、同社にて開催。15歳のモデル・嵐莉菜がグランプリの栄冠に輝いた。


嵐は、父にイラン、イラク、ロシアの血が、母にドイツと日本の血が入っているマルチルーツの中学3年生。現在は芸能事務所のテンカラットに所属し、芸能活動を行なっているが、同オーディションには事務所に内緒で応募したという。そんな嵐は、受賞直後に心境を聞かれると「まだ信じられないんですけど、半年間頑張ってきてよかったなと思っています」と吐露し、「さまざまな方に支えられて、ここまで来ることができたので、本当に幸せです。ありがとうございます」と笑顔を見せた。

イベント後の囲み取材に応じた嵐は、今後やってみたいことを尋ねられると「日本と世界の架け橋になれるような活動がしたいです。モデルももちろんなんですけど、女優業などいろいろなことに挑戦してみたいなと思います」と目を輝かせ、「中条あやみさんに憧れています」と語った。

また、準グランプリに選ばれたハムスターの息子に産まれて良かったは、心境を聞かれると「『ミスiD』攻めてきたなと思いました」とコメントして笑いを誘い、今後やってみたいことについては「いま大学3年生ですが、家にずっといる状態なんですが、最終的には家を出て東京に行って、そこで美術をやって作品を発表して行きたいなと思います」と夢を語った。

さらに、『ミスiD 2020』の1人に選ばれた大阪のアイドルグループ・KissBeeWESTのメンバー・石橋ななは「KissBeeWEST以外で何か挑戦したいなと思って見つけたのが『ミスiD』で、全員個性がすごいので、実力だけでは絶対に無理だろうなと思ったんですけど、アー写とかCHEERZとかで、もともと応援してくださっているファンの方も協力してくださって、『ミスiD 2020』を取ることができて、本当に嬉しいです」と感謝し、「今後は自分の実力で応援してくださった皆さんに違う形で返していけたらいいなと思っていますし、アイドル以外にもいろんなことに挑戦して行きたいなと思っているので、来るもの拒まずで頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

『ミスiD』は新しい時代をサバイブして行く多様な女の子のロールモデルを発掘するオーディションで、8年目となる今年は国内外から約3500名がエントリーし、半年に渡る先行を経て、過去最高の121名の超個性的なファイナリストを選出。この日のイベントでは『卒業式』をテーマにファイナリストのお披露目と、グランプリ・各賞の発表、ゲストライブなどが行われた。


ミスiD2020グランプリ:嵐莉菜

ミスiD2020準グランプリ:ハムスターの息子に産まれて良かった

ミスiD2020:胃下舌ミィ、石黒さくら、石橋なな、えに、慶、常住奈緒、東条ジョナ、中杉天音、ぱやちの、らむねてゃん


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング