シャーリーズ・セロンの怒りマックスに『スキャンダル』本編映像解禁

dwango.jp news / 2020年3月2日 19時0分

シャーリーズ・セロン×ニコール・キッドマン×マーゴット・ロビー、ハリウッドを背負う3大女優の共演で話題の映画『スキャンダル』。


2016年、アメリカニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」に激震が走った。クビを言い渡されたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と崇められる同社CEOのロジャー・エイルズを告発したのだ。騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーに直談判するための機会を得て――。

実際に起きたスキャンダルを描いた本作、この事件を葬ってはならないと決意した『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアカデミー賞受賞脚本家がシナリオを書き上げ、映画化が実現。世界の映画賞を席巻し、話題を呼んでいる。


メーガンには、アカデミー賞に輝いた『モンスター』を超える演技と絶賛されるシャーリーズ・セロン。本作ではプロデューサーにも志願。グレッチェンには、アカデミー賞女優のニコール・キッドマン。ケイラには、アカデミー賞にノミネートされた最旬女優のマーゴット・ロビー。第77回ゴールデン・グローブ賞ではシャーリーズ・セロンが主演女優賞【ドラマ部門】、マーゴット・ロビーが助演女優賞にノミネート、さらに第92回アカデミー賞ではシャーリーズ・セロンが主演女優賞、マーゴット・ロビーが助演女優賞にノミネート、カズ・ヒロが率いるチームがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した。今のハリウッドを背負う3大女優が、それぞれ立場も年代も違う女たちの、華麗なる戦いと逆転劇を鮮やかに体現した、本年度必見の傑作だ。


この度、シャーリーズ・セロンの新たな出演シーンを解禁。クビを言い渡されたFOXニュースのベテランキャスターのグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が同社CEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)からのセクハラ被害を告発。すると世間から「FOXの数百人の女性は(告発は)大嘘だと言ってる」「なぜ彼女は苦情を言わず解雇後に訴えたのか?」というグレッチェンに対する批判の声があがる。メーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)はそのことをスタッフから聞き、目を見開いて思わず声を荒げる。


声を荒げたのは、苦情を言いたくても言うことのできない信じがたいFOXニュースの内情とメーガン自身の過去が関係していた。過去の記憶を思い出しながら心情穏やかでない様子のメーガン、この後彼女が取る行動とはー。


『スキャンダル』

公開中

コピーライト: © Lions Gate Entertainment Inc.


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング