スレンダーグラマー 咲村良子、Hカップ神ボディさらに過激に

dwango.jp news / 2020年4月1日 6時0分

現在はアイドルユニット「clipclip」のメンバーとして活躍している咲村良子は、グラビア活動にも積極的。当時高校生だった2013年12月に1stDVD『ピュア・スマイル』をリリースし、現役女子高生らしからぬHカップバストとクビレたウエストラインを露わにして瞬く間にグラドルファンを虜にした。


以降も年に1回のペースでグラビアDVDを発表。ここ数年前からセクシー路線に舵を切り、圧倒的なスタイルを限界露出するなど、グラビア界を大いに賑わせている。そんな彼女が最新作『咲乱』(竹書房)を3月21日にリリース。これまで以上に破壊力抜群のセクシーな姿を披露するなど、過激さは止まらない。


スリーサイズはB90・W58・H88(cm)、バストのサイズは男性の視線を釘付けにするHカップ。まさに究極の凹凸ボディで、グラドルとしては理想的なスタイルだ。ショートカットが実によく似合う24歳が、今作では大人の余裕を感じさせるセクシーなシーンを披露している。白衣を着るなど女医を意識したシーンでは、白衣を脱ぎ捨てて赤いオープンブラ的な水着へと変ぼう。ベッドの上では「ダメって言ったじゃん」と言いながらも男性にバストを揉まれるなど、臨場感溢れる演出で大人の世界へと誘う。


無邪気な笑顔を見せたビーチから部屋に場所を移すと、野外では見せなかったセクシーなシーンに大興奮。また今回は現役アイドルらしく、ダンスのシーンも披露している。とは言え、大胆過ぎる水着を着用してヌーディー感を演出。ダンスを終えた後は秘密の時間となり、その表情とボディは圧巻の一言だ。


シーンはさらに過激さを増す。部屋では水着をずらしたり手ブラを披露した後、裸の状態で布団に入って男性と秘密の時間を。SMチックなシーンも見どころだ。レザー衣装で鞭を手に持ちながら女王様的なキャラクターに変身。ブーツでカメラを踏みつけながら「ダメでしょ?そんなとこ見ちゃ」とまるで女王様だ。そのほか、ジャケットにもなった花ブラのシーンも見どころで、見逃せないシーンが満載の今作。セクシー過ぎる咲村をぜひとも堪能して欲しい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング