『音楽の日2020』堺雅人が出演、『半沢直樹』の音楽を新曲も含めオーケストラ生演奏

dwango.jp news / 2020年7月16日 4時0分

TBSでは、音楽特番『音楽の日2020』を7月18日(土)午後2時から午後11時18分まで、約9時間半の生放送でお送りする。このたび、『音楽の日』放送翌日の7月19日(日)よる9時からスタートする日曜劇場『半沢直樹』から、主演・堺雅人の出演が決定した。

「音楽の力で日本を元気に!」そんな願いを込めて2011年から始まった『音楽の日』は、今年で10回目を迎える。総合司会は、10年連続となる中居正広と安住紳一郎TBSアナウンサーが務める。

今年のテーマは「日本の元気!」。今こそ音楽のチカラをお届けすべく、私たちを励まし、元気や勇気を与えてくれた数々の名曲と共に送る、アーティストたちの熱いパフォーマンスに注目いただきたい。

このたび、スペシャル企画として、『音楽の日』放送翌日の7月19日(日)よる9時からスタートする日曜劇場『半沢直樹』から、主演・堺雅人の出演が決定した。



日本中の人々が元気と勇気をもらった日曜劇場『半沢直樹』の音楽。今回『音楽の日』では特別に、主演の堺雅人がスタジオで見守るなか、メインテーマを作曲した作曲家・服部隆之の指揮のもと、スペシャルバンドによる生演奏で『半沢直樹』の音楽を日本中にお届けする。さらに、翌日19日からスタートする『半沢直樹』の劇中で流れ、今作のために作られた新曲『大いなる相手(仮)』も初披露。『音楽の日』でしか聴くことができない、オーケストラが奏でる至高の『半沢直樹』の名曲をお楽しみに。

■『音楽の日2020』
7月18日(土)午後2:00~よる11:18
[出演者]
総合司会:中居正広 安住紳一郎(TBSアナウンサー)

(C)TBS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング