「さようなら としまえん」プール撮影会の思い出…あの夏を振り返る

dwango.jp news / 2020年8月31日 19時30分

都民のオアシスとして94年の長年愛されてきた「としまえん」が8月31日、惜しまれながらその歴史に幕を閉じた。


遊園地として、何代にもわたって思い出がある方もたくさんいらっしゃるだろう。グラビアファンにとっては、敷地内にあったプールが、忘れられない“聖地”であった。2005年から昨年まで開催された「ビジュアルクイーン撮影会」。人気のグラビアアイドルが一堂に会して、まる1日プールを撮影会場にしてファンに開放。好きなグラドルを好きに撮影できる、年に1度の夢空間だった。ドワンゴジェイピーnewsでは、2015年から毎年取材させていただき、煌びやかでセクシーな女神をたくさんご紹介した。8月31日、としまえん終焉の日に、過去5年の「ビジュアルクイーン撮影会」を振り返りたい。


ドワンゴジェイピーnews初取材は2015年。前日まで雨模様、当日朝まで雨だったが開催時間には曇り空となった。MCを杉原杏璃が務め、自らビキニ姿で登場、参加者を楽しませた。参加メンバーはあべみほ、大貫彩香、小川まりな、神谷えりな(現・上矢えり奈)、川奈ゆう、岸明日香、倉持由香、今野杏南、紗綾、佐藤衣里子、階戸瑠李、清水あいり、清水みさと、清水ゆう子、鈴木ふみ奈、芹沢潤、染谷有香、高崎聖子、橘花凛(現・高橋凛)、菜乃花、星名美津紀、萌木七海、安枝瞳、柳いろはの面々。グラビアを卒業した人、惜しくも引退した人、多ジャンルに活躍の場を変えた人などさまざま。生き馬の目を抜くグラビア業界で、今もなお活躍している人が大半を占め、まさに精鋭の顔ぶれだった。28日急逝された階戸瑠李さんの妖艶な水着姿も、永遠の思い出として上げさせていただく。

2016年は梅雨の晴れ間で絶好の撮影会日和だった。MCは吉木りさで、自らも久しぶりに水着姿で撮影会に参加、尋常でない人垣だったのを思い出す。メンバーは青山ひかる、犬童美乃梨、大貫彩香、片岡沙耶、神谷えりな(現・上矢えり奈)、川崎あや、岸明日香、倉持由香、佐藤衣里子、新城玲香、鈴木ふみ奈、橘花凛(現・高橋凛)、寺田安裕香、豊田瀬里奈、菜乃花、橋本梨菜、林美佐、平嶋夏海、星名美津紀、松本さゆき、水沢まい、森田ワカナ、安枝瞳、柳いろは、柳瀬早紀、RaMu、和地つかさ。くびれストで大ブレイクする川崎あやが初参戦し、“グラビアは巨乳”というセオリーをぶち破る、衝撃スレンダーボディで話題を呼んだ。また、“なにわのブラックダイヤモンド”こと橋本梨菜がまだ“白い”という貴重なショットもあった。

2017年、この年も梅雨の晴れ間の炎天下となり、絶好の屋外撮影会日和。MCには前年に引き続き吉木りさと、サブMCに片山萌美が参戦、撮影会にも参加した。メンバーは青山ひかる、天木じゅん、彩川ひなの、犬童美乃梨、大貫彩香、忍野さら、片岡沙耶、川崎あや、北内みさと、倉持由香、佐山彩香、椎名香奈江、鈴木ふみ奈、園都、橘花凛(現・高橋凛)、蝶城彩桜、橋本梨菜、平嶋夏海、星名美津紀、牧野紗弓、松嶋えいみ、森咲智美、森田ワカナ、柳いろは、柳瀬早紀、RaMu、璃子の総勢27名。森咲智美が4年ぶりの参戦で、今と変わらない、ひと際際どい水着を纏い、圧倒的エロさで注目を浴びた。2019年人妻となった倉持由香はこの年まで4回連続で参加、100cm尻職人の技を存分に楽しませてくれた。

2018年、1部曇り、2部小雨、3部本降りという梅雨らしい天候に。それでものべ3,000人のグラビアファンが詰めかけた。メンバーは、あいみ、青山ひかる、天木じゅん、彩川ひなの、伊織もえ、えなこ、忍野さら、片岡沙耶、川崎あや、小島みゆ、小瀬田麻由、鈴木ふみ奈、高梨れい、蝶城彩桜、菜乃花、林ゆめ、久松かおり、平嶋夏海、星名美津紀、水沢柚乃、柳いろは、山吹りょう、Yami、RaMuの24人で、この回から、えなこ、伊織もえ、山吹りょうという人気コスプレイヤーが初めて参戦、花を添えた。

2019年は、オープニングからどしゃぶりという悪条件。前年を上回る3,200人の参加者もカメラを守り、雨合羽を目深に着て撮影ポイントを奔走。グラドルたちも水着なんだけども傘を差して臨み、それを撮影アイテムのひとつとして巧みに魅せていたのが印象的だった。メンバーは青山ひかる、彩川ひなの、伊織もえ、江藤菜摘、えなこ、忍野さら、火将ロシエル、片岡沙耶、COCO、沙倉しずか、椎名香奈江、清水あいり、霜月めあ、祥子、鈴木ふみ奈、高橋凛、谷かえ、ちとせよしの、長澤茉里奈、奈月セナ、夏本あさみ、花咲れあ、林ゆめ、早瀬あや、平嶋夏海、山吹りょう、RaMuと超豪華。さらに「ミスFLASH2020」候補者から、東坂みゆ、河原桃子、白宮奈々、日野アリス、崎川みずき、佐々木萌香、古賀遥奈、林歩楓、羽田千夏、梶谷唯が部別で撮影会を行った。この撮影会の“顔”ともいえる鈴木ふみ奈は、デビューから7回参加、本サイトでも年々磨かれていく”ふみにゃん”が見られる。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大がなかったら、盛大に最後のとしまえんプールを会場にしての「ビジュアルクイーン撮影会」が開催され、笑顔と感動をもって思い出のプールにお別れができたのに。と思うと悔しい気持ちでいっぱいだが、ここに記録された彼女たちの笑顔は永遠に受け継がれていく。今は静かに「ありがとう、としまえんプール」とつぶやいて、新しい撮影会の幕開けを待ちたい。





この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング