清原果耶、迫真のコンテンポラリーダンスで魅せる「過去との決別」

dwango.jp news / 2020年9月2日 8時0分

本日、収録される全3曲をCoccoが作詞・作曲・プロデュースを務めた1st Single『今とあの頃の僕ら』がリリースとなった清原果耶。同作のカップリング曲で、Coccoが清原をイメージして作った楽曲『君に見せる景色』のMusic Videoが公開となった。

このMusic Videoは、映画、広告映像、ミュージックビデオ、インスタレーションアートなどをベースとした映像の演出を手がけ、インターナショナルなレンジを持つ映像監督・関根光才が担当。関根は、清原が出演していた日本生命のCM「見守るということ。」篇も手がけており、2度目のコラボレーションとなった。今作は、廃退的な空間の中で、感性の赴くままに踊る清原を美しくリズミカルに捉え、解き放たれていく感情を表現した映像となっている。そして、清原の踊るコンテンポラリーダンスは、多くのアーティストの振付を手掛けるダンスパフォーマンスグループ、s**t kingzのOguriが担当している。

清原の1st Single『今とあの頃の僕ら』に収録されている同曲。同作品の中でも、プロデューサーを務めるCocco独特の重厚感を感じさせる楽曲が、迫真のダンスで映像化されており必見のMusic Videoとなっている。




いよいよ今週9月4日(土)には自身初となる主演映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の公開が控えており、その後年内に4本の映画出演、来年春にはNHK連続ドラマ小説『おかえりモネ』のヒロインとしての出演を控えるなど、ますます注目度の高まる清原果耶の今後の動向に期待である。


-from 清原果耶-
関根さんが託して下さった「過去との決別」というテーマを胸一杯に抱えながらの撮影でした。今回挑戦させて頂いたコンテンポラリーダンスの振付はs**t kingzのOguriさんが考えて下さいました。過去を認め、それでもまとわりつく何かを振り払いながら進んでいく力強さの中で、振付に映るこだわりの数々に感銘を受けました。Coccoさんが書き下ろしてくださった「君に見せる景色」は、私にとってお腹の底に留まり優しさをくれる曲でした。是非MVと合わせてお聴き下されば幸いです。

-from 関根光才-
清原果耶さんという凄まじい才能と輝きを持つ若手女優が、本気でダンスパフォーマンスに取り組む。彼女のひたむきさ、真剣さを考えたら、ただキレイに撮るようなものではなく、彼女と率直に向き合い、正面からドキュメントするようなMVにしたいと考えました。テーマは「過去との決別」。清原さんの現在と、これからの自分自身を思いっきりぶつけてもらえることが出来て、最高のダンスMVになったのではないかとおもいます。

【清原果耶 1st Single「今とあの頃の僕ら」】

9月2日(水)リリース (ストリーミング、DL、CD)
初回生産限定盤(CD+DVD) VIZL-1789 ¥2,000+tax
通常盤(CD) VICL-37556 ¥1300+tax
[収録曲]  All tracks written & produced by Cocco
1. 今とあの頃の僕ら 映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」主題歌
2. スキップ
3. 君に見せる景色
-初回生産限定盤 特典・仕様-
◇ DVD収録内容
「今とあの頃の僕ら」Music Video
「今とあの頃の僕ら」Making Movie
Coccoとのレコーディングシーンや、ジャケットとミュージックビデオ撮影メイキングを含む貴重な映像を収録。
◇ 32P PHOTO BOOK
◇ 紙ジャケット仕様


© 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング