DAIGO、妻北川景子との第一子誕生を祝福され笑顔「ありがとうござます」

dwango.jp news / 2020年9月12日 20時49分

今月7日に妻で女優の北川景子との間に第一子となる女児が誕生したことを公表したDAIGOが12日、都内で行われた映画『妖怪人間ベラ』の公開記念舞台挨拶に主演の森崎ウィン、共演のemma、英勉監督、主題歌担当のBREAKERZメンバー(AKIHIDE、SHINPEI)と参加。司会者から「おめでとうございます」と愛娘誕生を祝福されると「ありがとうございます」と反応し、客席からも温かい拍手を浴びていた。


BREAKERZとして主題歌を担当したDAIGOは「主題曲が流れてきたときに、映画とBREAKERZの主題歌が“WWK”だなと思った。“ウィンウィンな関係”。今日は森崎ウィンさんもいるし」とDAI語で感想。ただ題材がホラーだけに「娘が生まれたので、正直まだ早いかなと。なので20年後くらいに見せたいです」とすっかりパパの顔だった。



カルトアニメ「妖怪人間ベム」のキャラクター、ベラを女子高生としてリブートした異色の実写映画。BREAKERZによる主題曲について森崎から「イントロの段階からこの映画でしかない楽曲だと思った。音楽をやっている人間として感動しました」と絶賛されたDAIGOは「歌の上手い森崎さんにそこまで褒められるとは…。この飛沫防止のアクリルがなければハグしたい」と大感激。今の気持ちを“HHS”と表し「ヘラヘラしちゃう。13年もやっていると褒められることって減ってくるから」とDAI語を交えて照れていた。



すると森崎は「僕もウィン語を作りました!」と対抗意識を燃やし「今の気持ちを乗せて言わせていただきます。“GTYB”。ゴー・トゥ・妖怪人間ベラ」としたり顔。ベラに翻弄され狂っていく新田康介を演じたが「撮影初日から監督に『何も残すな!』と。なのでブレーキをかけずにぶっ壊してMAXで演じました」と回想し「でも普段の僕はこういう人ではありません。明るいんです」と釈明していた。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング