【TIFオンライン2020】マジパン現体制ラストのTIFステージ、新メンバーオーディション開催も発表

dwango.jp news / 2020年10月3日 15時12分

6人組アイドルグループ“マジカル・パンチライン” (沖口優奈、浅野杏奈、清水ひまわり、小山リーナ、吉澤悠華、吉田優良里/通称マジパン)が3日、東京・お台場青海周辺エリアで10月2日から4日にかけて開催されている世界最大のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」(TIFオンライン2020)2日目のSMILE GARDEN(フジテレビ湾岸スタジオ 横 公園)に出演した。


9月5日に開催されたリモートワンマンライブ「MAGiCALPUNCHLiNE 4th Annivasary ONLINE Live Express 〜MAGiCAL SUPERMARKET〜」で、グループ結成当初から約5年間にわたり活動してきた浅野、清水、小山の3名が2020年11月3日をもってグループを卒業(清水は芸能界引退)することを発表したマジパン。5年連続でTIFに出演しているマジパンだが、現6人体制でのTIFはこの日がラストとなった。


太陽が頭上に輝き、10月とは思えない暑さの中、笑顔いっぱいでステージに登場し、円陣を組んで気合いを入れると、マジパン冬の定番曲『Melty Kiss』からスタート。その後、沖口が「画面の前の皆さん、私たちと一緒にクラップ、もしくはコメント欄で888と入力して楽しんで行きましょう!」と呼びかけ、ノリノリの楽曲『108 煩悩 BOMB』を披露すると、『ONE』『Magiかよ!? BiliBili☆パンチライン』『パレードは続く』『私が私を燃やす理由』『名もなきヒーロー』とライブ定番曲を立て続けにメドレーで披露。


最後にはフル尺で『もう一度』をメンバー全員が感情たっぷりに歌い上げ、力強く拳を振り上げた。20分間ノンストップで楽曲を披露し、いま出せる魅力を最大限に発揮したマジパン。すべての楽曲を披露し終えると、沖口は「ここでマジカル・パンチラインから重大発表をさせていただきます!」と口火を切り、「マジカル。パンチライン新体制に向けて、新メンバーオーディションを公開オーディションとして開催させていただきます」と発表。「詳細は決まり次第、お伝えしますので、これからもマジカル・パンチラインの応援をよろしくお願いします」と頭を下げた。現体制、そして新体制となるマジカル・パンチラインから、まだまだ目が離せない。


<セットリスト>

M01:メドレー(『Melty Kiss』、『108 煩悩 BOMB』、『ONE』、『Magiかよ!? BiliBili☆パンチライン』、『パレードは続く』、『私が私を燃やす理由』、『名もなきヒーロー』、『もう一度』)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング