“杜の都の純朴Fカップ” 星川沙羅、手ブラ初挑戦「ぽろりぽろりでもうたいへん」

dwango.jp news / 2020年12月27日 8時0分

今年5月にDVD『ときめきデビュー』で、まさにきらきらデビューを飾った星川沙羅。しかし、新型コロナ感染拡大の影響でイベントは延期となり、華々しい船出とはいかなかったが、八重歯がチャームポイントの魅惑の笑顔と、形が自慢と言う88cmのFカップを武器にどんどん支持を広げて行った。



現在も仙台に在住。グラビアの仕事があるときごとに東京に通う“上京ガール”は、そこはかとない素朴さも垣間見える“純情Fカップ”とも言われている。仙台では“スポーツジムで事務”の仕事を続けているそうで、コロナ禍で影響の大きいであろう業種のひとつだが、感染対策を万全にして日夜頑張っている。そんな一生懸命な姿も愛おしい星川の3枚目となるDVD『ひとりじめ』(スパイスビジュアル)が12月25日に発売され、翌日には早々に秋葉原・ソフマップで記念イベントが開催された。


「普段はこんな可愛い水着を着ないのですが、今回は可愛い系に挑戦してみよう」と、淡いピンクのフリルビキニで登場した星川。今作は関東近郊でロケを敢行、決まったストーリーはなく、キャプチャごとにいろんな星川が楽しめるアソートな作品となっている。「実際筋トレを家でもやっているのですが、インストラクターの役をやりまして、けっこうバックショットとかのおしりの感じだとか、横乳だとかもいい感じなので注目してほしいです。あと、一番お気に入りなのがレースクイーンの衣装です。私が“なってみたいな”という願望があったので、叶えていただきました!、最後の方のキャプチャに出てくる黒のあみあみタイツはセクシーです。最近はセクシーめなのも挑戦し始めているので練習になったかな。マッサージのシーンもカラダを弄られるときの表情とか、ほかのグラドルさんのDVDを観て参考にしたのでチェックしてほしいです」と話した。



「今回初めて手ブラに挑戦しました。手ブラのシーンがあるとって聞かされた時に、ちょっと戸惑いましたねー。お風呂上がりにバスタオルで隠すだけだったので際っきわまで攻めてます。現場ではもうぽろりぽろりしちゃってたいへんでした。カメラマンさんが男性だったんですけど、なるたびに後ろを向いてくださって…。3枚目で初ぽろりです」と恥ずかしそうに振り返った。


星川の美バストと引き締まりヒップに磨きとセクシーさが加わった意欲作。ぜひお手元でじっくり鑑賞してほしい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング