1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

乃木坂46 現在8名のスターティングメンバー1期生、圧倒的存在感でファン魅了

dwango.jp news / 2021年3月30日 0時0分

3月29日、乃木坂46 1期生メンバーのみのライブが生配信された。


本来は今年の2月に生配信されたライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」で、1期生から4期生まで期別ごとでの開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止策として期別ライブが延期となり今日に至ったもの。前日の3月28日(日)は2期生ライブが開催され、堀未央奈が当グループから卒業した。


オープニングを飾ったのは4thシングル『制服のマネキン』。当時のセーラー服を身にまとった1期生メンバーは、どこか懐かしさを感じさせる。その後、『会いたかったかもしれない』『指望遠鏡』『君の名は希望』と、初期のナンバーで冒頭ブロックを締め括った。


ライブ中盤では、メンバーがメンバーをプロデュースする企画へと突入。

齋藤飛鳥プロデュースの秋元真夏は、猫のようにニャーニャーと4期生曲『Out of the blue』を歌ったり、松村沙友理プロデュースの高山一実は、ピアノの弾き語りで『僕のこと、知ってる?』を披露するも、途中からはピアノの弾き語りふうという“落ち”があったり、秋元真夏プロデュースの齋藤飛鳥は、『ロマンスのスタート』を歌いながら、秋元からのリクエストに応えなくてはならず、歌っている途中で様々な表情や最後にはキス顔を披露するなど、メンバーの個性溢れるユーモアたっぷりの企画コーナーとなった。


終盤では1期生メンバーの「The Original」と題され、日本レコード大賞曲『インフルエンサー』から幕を開ける。そして10thシングル『何度目の青空か?』のC/Wに収録されたアンダーメンバー楽曲『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』を披露。デビュー当時から選抜メンバーの常連である生田絵梨花・松村沙友理・秋元真夏がパフォーマンスするアンダー楽曲には非常に新鮮で見応えを感じた。そしてデビュー・シングル『ぐるぐるカーテン』をもって本編を終了した。


アンコールでは3期生楽曲『思い出ファースト』からスタート。また昨年リリースされた25thシングル『しあわせの保護色』C/W曲として収録され、Music VideoのYou Tube総再生回数が約2,000万回と最もバズった4期生楽曲『I see…』をなんと披露。後輩の曲をパフォーマンスする1期生は何とも初々しい。


そしてここで、3期生・4期生の単独公演がサプライズ発表。特に3期生は興行において初となる単独公演となり、どんなライブを見せてくれるのか今から楽しみだ。


ラストはデビュー・シングル『ぐるぐるカーテン』のC/Wに収録されたアンダー楽曲『左胸の勇気』で1期生の単独公演は幕を閉じた。


乃木坂46のスターティングメンバーは34名だったが、グループは10周年目に突入し、今や1期生は8名のみ在籍。3期生・4期生など若手メンバーの台頭により、世代交代も著しい乃木坂46ではあるが、今でも存在感は抜群で、貫録を見せつけた1期生単独公演だった。



■乃木坂46「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~1期生ライブ~」(2021.3.29)

5分前メンバー影アナウンス(収録/高山一実,樋口日奈,和田まあや)

出演:秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、高山一実、樋口日奈、星野みなみ、松村沙友理、和田まあや

M1:制服のマネキン

M2:会いたかったかもしれない

M3:指望遠鏡

M4:君の名は希望

M5:13日の金曜日

M6:Out of the blue

M7:僕のこと、知ってる?

M8:命は美しい

M9:ロマンスのスタート

M10:欲望のリインカーネーション

M11:釣り堀

M12:ガールズルール

M13:でこぴん

M14:ここじゃないどこか

M15:インフルエンサー

M16:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

M17:Against

M18:裸足でSummer

M19:ごめんね、スムージー

M20:心の薬

M21:ぐるぐるカーテン

※本編終了

EN1:思い出ファースト

EN2:ボーダー

EN3:I see…

EN4:左胸の勇気

AF1:あらかじめ語られるロマンス

AF2:ロマンティックいか焼き  



★乃木坂46「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」3期生・4期生 単独公演が決定

4期生公演:2021年5月8日(土)

3期生公演:2021年5月9日(日)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング