1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

霧島聖子、フロントジッパーのハイレグ競泳水着で悩殺「360度えっち」

dwango.jp news / 2021年4月4日 10時0分

「日本レースクイーン大賞2019」を受賞。165cmのすらりとした身長に、B85cm-W59cm-H87cmという均整の取れた抜群のスタイル。今年1月に発表された『ミスFLASH2021』グランプリにも選出された今注目のレースクイーン&グラビアの華麗なる二刀流 霧島聖子



サーキットの華として6年の実績があり、熱狂的なファンが多い日本を代表するレースクイーン。秘書検定を持つという彼女はどことなく品があり、ピシッと決まったスーツも似合いそうな聡明さが魅力。もちろんRQのキュートなコスチュームでもファンの視線を独り占めだ。そして予てからやってみたかったという念願のグラビア活動でも、その魅力が爆発。高身長グラマラスボディの神域ともいえる造形美は、グラビアファンも唸るスタイルだ。そんな霧島待望のファーストイメージDVDとなる『Saint Love』(イーネット・フロンティア)が昨年秋に発売、イベントも今年の1月10日に予定されていたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で延期となり、ようやく4月3日、振替開催が叶った。


ようやく叶ったイベント前の囲み取材では「よろしくお願いいたします!」と、はきはきした爽やかな挨拶で登場。控室から現場まではコートを着て衣装を隠して来るのだが、取材開始とともにそのコートを脱ぐと記者陣や販売担当者から「おおお」という驚嘆の声が上がる。DVDのジャケットとなった黒のハイレグ衣装のバージョン違いを披露した。「私の好きな“REALISE(リアライズ) ”さんというメーカーの競泳水着です。表紙とデザイン違いのフロントジッパーのものを着てきました。これレースになっているじゃないですか?新作なんですよ。せっかくなので同じよりもちょっと趣向を変えてみました。ハイレグもそうですが、フロントジッパーなので谷間も綺麗に見えて、360度どこから観てもえっちに写るんじゃないかと思って♡」と、大サービスの衣装でにっこり。撮影ではさすがTOPレースクイーン、表情とポージングのバリエーションが豊富。どうやってもばっちりキマるカッコよさは、ずっとファインダーを覗いていられる魅力に溢れている。


記念すべきファーストDVDはデビューと言うことで、チャプタごとにさまざまな衣装で魅せる名刺的な作品となっているが、「それぞれテイストが違って良いんですよね。動物に扮していたり、コスプレしていたり。中でもどうしても着たかったのが“レースリミテーション”っていう、ランジェリーとコスプレの間みたいな衣装なんですけど、実現したことがとても嬉しかったです」と、かなり嬉しそうに話してくれた霧島。実際完成した作品を観た感想は「新鮮ですよね。ほかの方のDVDもけっこう観て、イメージトレーニングもしていたんです(笑)が、いざ自分の映像で観てみると、こっぱずかしくなるというか…。でも私、妄想癖があるので撮影中ノリノリになって、猫のコスプレの時ははたき持って、アドリブで「おそうじするにゃん♡」とか言ってるんですよ(笑)。それを観たとき、自分に吹き出してしまいましたー」と、ファン必見の萌えシーンがあるようだ。


印象に残ったシーンは最終チャプタの浴衣だそうで、「彼とお祭りデートに行って、誰もいない海に抜け出して告白があるんですが、そのあと岩場に移動して脱ぎ始めて、野外で始めちゃうよみたいな、“岩場のベッドシーン”が見どころですかね。あと夜ベッドのシーンで、黒のタイトワンピースを徐々に脱いでいって、暗めの室内でのいちゃいちゃはかなり艶っぽいシーンになっています」と紹介、“せいこっこやるじゃん!”という驚きと喜びの声が聞こえて来そうだ。


レーククイーンとして今期は、デビュー前から入りたかったという、SUPER GT「2021 WedsSport Racing Gals」、スーパー耐久「エヴァンゲリオンレーシング レースクイーン」(真希波・マリ・イラストリアス役)に所属し活動する霧島。「グラビアでデビューしてはとても日が浅いので、レースクイーンとグラビアの仕事を両立しつつ、今後グラビアアイドルとして有名になっていきたいですし、ゆくゆくはいろんな雑誌のグラビアを飾りつつ表紙を目指して行きたい」と語った。また「アニメやゲームがとても好きなのでサブカルチャーに精通して、自分の好きなことを仕事にできたらなと思っています」と、今年が羽ばたく年として、目標に向かって大きな一歩を踏み出した。


4月20日には『ミスFLASH2021』のご褒美DVDのリリースが決まっているが、「このファーストDVDではちょっと緊張してしまったので、貴重な初々しさがでているかな。セカンドでは妄想を生かしてアドリブが多くなっているので期待してください」と力を込めた。さらに霧島は、4月5日(月)発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)にグラビア6ページが掲載される。「ホントにホントに嬉しいことです!是非よろしくお願いします!」とアピールしたグラビア写真の一部とニュースについては、月曜日早朝5時に当サイトで掲載するので、お待ちいただきたい。




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング