1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

武藤彩未 バスルームでSHOWER浴びる、ミニアルバムリード曲のMV公開

dwango.jp news / 2021年8月25日 12時59分

武藤彩未が9月15日(水)にリリースする3rdミニアルバム『SHOWER』からリード曲『SHOWER』の先行配信が始まり、MVをYouTubeにて公開した。 


ミニアルバム『SHOWER』は、憂鬱な日々や悩みを音楽で洗い流せたらという想いが込められた作品となっており、色んなカラーのシティ•ポップを詰め込んだ1枚となっている。 


リード曲である『SHOWER』は、Rin音や空音など次世代シンガーとの共作や楽曲提供で注目を集めるプロデューサーmaeshima soshi がOHTORA と作曲、そしてmaeshima soshiが編曲を担当。 サウンドは、シティ•ポップのエッセンスを加え、軽快なサウンドで気持ちのあがる1曲となっている。


 YouTubeにて公開されたMV『SHOWER』は、バスタイムがキーワードになっている楽曲で、バスルームで好きな人のことを思い浮かべる乙女心が描かれている。 今作では大きなミラーボールとバスタブを使用したセットの中で、服を着用したままシャワーを浴びるなど特別な演出も施されている。また、歌詞中にも描かれている“ナイトキャップ”を被って、どんな時もきれいにいたいといった乙女心を、私物であるナイトキャップを被って表現。初のパジャマ姿も披露し、ベットの上で寝ている姿など、オフ感漂う武藤にも注目していただきたい。 


またミニアルバム『SHOWER』に収録される全曲タイトルも公開され、収録曲にはevening cinemaの原田夏樹が作曲し元SHE IS SUMMERのMICOが作詞した楽曲『もっとわがままになってみせたなら』も収録されている。 新境地を開いた武藤彩未3枚目のミニアルバムに期待だ。 



<本人コメント>

「SHOWER」は、恋人への気持ちを歌った恋愛ソングで、シティ•ポップのキラキラした雰囲気を大切にし、かつ“浮遊感”“力強さ”“儚さ”を詰め込んだ1曲です。 情景が浮かぶ言葉を心がけ歌詞を綴り、恋する乙女心を軽快なサウンドにのせた爽やかな楽曲で私にとって特別な1曲となりました。たくさん聴いていただけたら嬉しいです。 


<OHTORA> 

80年代のシティポップを意識したメロディラインで心地よい響きの楽曲になったと思います。 聴いて頂くと、お洒落な空間に浸っているかのような感覚になれると思うので、 ぜひこのサウンドに酔い痴れてください! 


<maeshima soshi>

武藤さんの素敵な歌声に合うように、少し懐かしさを意識して制作しました🐶 また一緒に作りましょう🐶

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング