1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. グラビア

演歌とグラビア二刀流 望月琉叶 爽快ビキニで登場「もう夏も終わりということで…」

dwango.jp news / 2021年9月11日 19時38分

アイドルグループ・民族ハッピー組のメンバーとして、ソロでは演歌歌手として活動中の望月琉叶が、2枚目となるDVD『琉球艶歌』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。発売記念イベントを東京・書泉グランデで開催した。


2月に『初恋歌姫』(竹書房)でグラビアデビューを果たした望月は「ファーストのDVDを発売したときは、みんな驚いていました。違うことをして叩かれたりとかは無くて、みんな応援してくれています」と話した。普段は着物での活動が多く、水着姿を見ることは少ないということで、今回は水着で登場。「もう夏も終わりということで、涼し気な水着を選んできました」とコメントした。


5月に沖縄で撮影された今作。内容については「普段はMっぽいと言われるんですけど、今回はその逆でSの部分も入り込められたレアな私の姿が見れる作品になっています」と説明。どんなシーンがあるのか聞いてみると「パンダのコスプレをして「私の足を揉んでよ」とか、家庭教師もやりましたね。家庭教師感はまったくなく、ほとんど服を脱いじゃって挑発するエロ教師になりました。楽しかったです」と笑った、セクシーなシーンについては「お風呂のシーンですね。薄いパープルのかなり露出度の高い水着を着て自分の体を洗ったりしました。恥ずかしかったけど、このシーンも楽しかったです」と振り返った。


演歌とグラビアという二刀流の望月だが、グラビアをやろうと思ったキッカケを問われると「私たちのグループは海外に遠征することが多いんですよ。たまたま海外のプールで撮った写真をファンの方が見て「グラビアもできそうだね」って言ってくれたんですよ。背中を押してもらいましたね」と明かした。


今後については「このDVDの売り上げ次第ですね。もし次が出せるなら、甘える感じをやってみたいです。今回はSっぽい感じが多かったので、ぜひ甘える私を見てほしいです。演歌の方もみなさんが期待してくださる限りやっていきますよ」とアピールした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング