1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. グラビア

Hカップ純朴女子 戸塚こはる 小さめビキニから下乳が大胆、シェイプアップボディ披露

dwango.jp news / 2021年9月23日 13時37分

工業高校出身のHカップ純朴女子・戸塚こはるが23日、都内でイメージDVD『こはる日和』(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


自身2作目のイメージ作品となる今作の内容を聞かれた戸塚は「都会に行っていた幼馴染のお姉さんが夏休みに帰省してきて、主人公(視聴者)の家庭教師をしてくれるという設定です」と説明。撮影は4月に千葉県で行ったそうで、印象に残っていることを尋ねられると「1番印象に残っていることがあって、夜の漁港で撮影をしたシーンなんですけど、漁港で撮ること自体が初めてだったので新鮮だったのと、真っ暗闇の中で撮影したのでちょっと怖かったです(笑)」と苦笑した。


他にどんなシーンが収録されているのか聞かれると「ジャケットにもなっているボレロを着ているシーンでは朝起きない主人公を起こしたり、白い変形水着でプールに入ったり、バドミントンをしたり、制服を着てお風呂の掃除をするシーンなどがあります」と紹介し、お気に入りのシーンについては「朝、主人公を起こすシーンで、本気で「わーっ!」ってやっているのは個人的に面白いなと思います」とオススメした。


また、和室で洋服が肌蹴て赤いレースの下着が露わになっているシーンが話題に上がると「これは同窓会みたいなものに行って、酔っ払って帰ってくるシーンです。「お姉ちゃん、酔っちゃった…」って言っているシーンですね」といい、「(実際は)弱いお酒しか飲まないので、けっこう飲まないとこうはならないと思います(笑)」と笑った。


今作は、面積の少ない衣装や水着を着ているが、恥ずかしかったシーンを聞かれた戸塚は「肩を揉んでもらうシーンがあるんですけど、普段は肩を揉まれることが少ないので、「気持ちいい」っていうセリフを上手く発音できなくて、棒読みになっちゃったんじゃないかと思って恥ずかしかったです(笑)」と赤面し、前作よりもセリフ量が増えているそうだが「どもらなくなりましたね(笑)。1枚目のときは自己紹介で苦戦したり、セリフを上手く言えなかったことが多かったので、今作のほうが言えているんじゃないかなと思います」と成長を実感していた。


今後、やってみたい役やシチュエーションを尋ねられた戸塚は「私のキャラから想像がつかないキャラクターに挑戦してみたいなと思います。昨日はギャルのコスプレをして遊んでいました(笑)。金髪ロングでギャルメイクをしました」と声を弾ませ、グラビアでの目標については「いろんな雑誌に載ってみたいですね」と目を輝かせた。


この日、色鮮やかで爽やかな小さめビキニを着用し、引き締まったウエストに美巨乳、健康的に伸びた美脚にプリッとした美尻など、均整の取れた完璧ボディを披露してくれた戸塚。ダイエットに励んだそうで「グラビアを始めて(体重が)マックスだった時期があったんですけど、そこから4kgくらい落としました。ジムで筋トレをしたり、有酸素運動をしたり、食事も見直して摂取カロリーが低くなりました」と努力を明かし、周囲の反響も大きいそうで「「痩せたね」「きれいになったね」って褒めてもらえることが増えたので、嬉しいです」と笑顔を見せた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング