1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. グラビア

正統派美少女の演技派 西本ヒカル、女子高生と女教師のギャップに悶絶

dwango.jp news / 2021年10月7日 7時30分

新人ながらも舞台やCMなどに出演して業界関係者からも注目を集めた西本ヒカル。昨年はグラビアにも活動の幅を広げ、1stDVD『初めてのグラビア』でグラビアデビューを飾り、160cmの身長にスリーサイズは上からB87・W63・H84(cm)という抜群のプロポーションを披露してグラドルファンのハートをがっしりと鷲掴みにした。その彼女が通算4作目となる最新DVD『ヒカルのキモチ』(エスデジタル)をリリース。グラビアデビューから1年が経過したが、さらにセクシーさがパワーアップするなどグラドルファンの期待に応えた仕上がりだ。


本人曰く、国民的女優を目指しているということもあり、その演技力は群を抜く素晴らしさだ。今作では女子高生役に扮するも時折女教師のシーンも披露しているが、少女と大人の女性を上手く演じ分けている。女子高生のシーンでは10代のキュートさに小悪魔的な雰囲気を加えた理想的な女子高生を演じたかと思えば、先生のシーンでは大人の色気が全開に。現在21歳の西本だが、それを見事に演じ分けるところは流石に国民的女優を目指しているだけある。それが演技力なのかナチュラルに出ているのかは、今作でぜひとも確認して欲しい。


冒頭の教室のシーンで「もし良かったら、私位と1回遊んでくれませんか?」とカメラ目線で西本が投げかけるところからスタート。そこから王道のビーチ、体操着から競泳水着へと展開するシーン、教務室での女教師、夜ベッドに昼ベッド、お風呂のシーンなどが繰り広げられていく。美少女系グラドルということで、現役女子高生と交錯する制服のシーンも見逃せないが、女教師のシーンをオススメしたい。同シーンではスーツにミニスカ、そして白シャツという、女教師をイメージさせた衣装を着用し、白シャツから胸の谷間を全開にさせるなど、着衣ながらもエロティズムを感じることができる。


シーンが進むにつれてセクシーさも加速していき、スーツを脱ぎ捨ててお楽しみの時間が展開されていく教務室での妄想シーンは興奮度もマックスに。メガネを外すと西本のスイッチが入り、大人の魅力が全開となっていく。それに続く夜ベッドも見逃せない。こちらはノースリーブにミニスカとカジュアルなスタイルで、着衣ながらも豊満なバストを強調するなど衣装的にも楽しめるシーンだ。最終的には水着へと展開され、豊満なバストがさらに強調するなど見どころが尽きない。女子高生のパートでは美少女系らしい清楚で明るくキュートな女の子を披露しながら、それ以外では21歳とは思えない大人っぽさを見せてくれた西本。グラビア的にも豊満のバストを見事すぎるほど強調しており、グラドルとして着実に成長した姿を披露している。


西本のDVD発売記念イベントは10月17日(日)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング