LUNA SEA25周年LIVEで「本当の意味での新しいスタート」

dwango.jp news / 2014年5月30日 13時7分

昨日5月29日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて「LUNA SEA 25th ANNIVERSARYLIVE」が行われた。

この日はLUNA SEAの結成日。彼らのバースデーを祝おうと、約13000人の観客が会場に押し寄せた。

オープニングでは、1989年から当時の彼らの写真が順番に映し出され、25年間の軌跡を刻んでいく。期待感が膨らむ中、眩しい光に包まれたステージにメンバーが登場。記念すべき一曲目を飾ったのは最新アルバム『A WILL』の一曲目である、『Anthem of Light』だ。25周年を迎え新しいスタートを切るこのステージにふさわしい、光の見える壮大なナンバーだ。一転、『TONIGHT』では大きな特攻音が上がり、それに弾かれるようにINORAN、Jが左右の花道へ駆け出すと、大きな歓声が沸き上がった。

「1989年5月29日、我ら5人は町田プレイハウスで一つになり、ライブを行いました。それから25年の時が過ぎ、今夜バースデーを迎えました」とRYUICHI。続く『DESIRE』『TRUE BLUE』『Rouge』『乱』と、この日のセットリストは、シングル曲を中心に初期のナンバーから、最新作『A WILL』の楽曲まで、新旧織り交ぜたラインナップで構成されていた。

中盤は、深く漂うようなバラード『gravity』、妖艶さを湛えるブルージーな『Glowing』、SUGIZOのバイオリンとバンドアンサンブルの美しさに魅了された『Providence』、そして鬼気迫る美しさを放っていた『MOON』と、ミディアムなナンバーをじっくりと聴かせた。幻想的な空間の中、真矢のドラムソロがスタート。会場からかかる大きな真矢コールに、投げキッスで応える。そこへJが登場。ベースソロで盛り上げた後、「25周年だぜ! 派手にいこうぜ!」と、Jのカウントから『Dejavu』へ。一斉に拳が上がった会場は、一体感に揺れた。そして、「25年を鮮やかに彩ってくれた曲です」と、『I for you』を披露。

『Metamorphosis』から終盤に向けて、畳み掛けるようにアッパーなナンバーが続き、場内の興奮は最高潮へ。『STORM』では、RYUICHIが間奏でギターソロを弾くSUGIZOの肩を組み、離れる時にSUGIZOに向けて小さく投げキッスするシーンも。『TIME IS DEAD』では大合唱が起こり、「お前たちの本当の声を聴かせてくれ!」と『ROSIER』へ。熱狂に包まれる中、本編は終了した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング