AKB48全国ツアーで小嶋陽菜が前田敦子ソロ曲!サプライズ楽曲連発

dwango.jp news / 2014年6月22日 21時13分

2014年6月22日(日)AKB48全国ツアー2014「あなたがいてくれるから。~残り27都道府県で会いましょう~」が再開した。

2012年よりスタートしたAKB48全国ツアーが、6月22日(日)島根県芸術文化センター「グラントワ」にて高橋チームAにより再開。全国ツアー21県目となる島根県での1曲目は、スモークの中からシルエットでメンバーが現れ『AKB参上!』からスタート。メンバー全員の姿が現れた時、会場のボルテージも最高潮に。そこから『会いたかった』『君のことが好きだから』『言い訳May be』と代表曲を一気に披露。そして冒頭MCでは、「みなさんお待たせしました!チームAがやってきました!」と高橋みなみ。小嶋陽菜は「出雲大社に行けなかったので、ここをパワースポットにしたいと思います!」と意気込みを語った。

ユニット曲では全国ツアーでしか見られないコラボレーションとして、派生ユニットで先日解散した渡り廊下走り隊の『初恋ダッシュ』を宮脇咲良、中西智代梨、達家真姫宝、西山怜那が自らの初恋エピソードを交えながら披露、そして前田敦子のソロ曲『君は僕だ』を小嶋陽菜が客席をトロッコで周りながら歌いあげた。Not yetの『波乗りかき氷』を高橋みなみと武藤十夢、前田亜美、市川愛美が披露するなど、珍しいユニット構成にファンも大盛り上がり。

そして、激しいダンスが特徴的なSKE48の『片思いFinaly』やHKT48『メロンジュース』、NMB48『HA!』をチームAとしては初めてとなる姉妹グループの楽曲にも挑戦。

歌い終えた直後のMCでは、高橋が「SKEの曲疲れる!」「にゃんにゃん(小嶋陽菜)が『片思いFinaly』踊るとふなっしーみたいだった」と感想を述べ、HKT48の『メロンジュース』に関しては、宮脇が「ぱるるさんが一生懸命頭振ってくれてました!」と感動して話すと「AKB以外無理です」と島崎は腰に手を当てたまま息を切らし一言。

アンコール明けには、秋元康総合プロデューサーがこの日の為に書き下ろしたという『AKB48』の島根県バージョンを披露。パネルを使って島根県のご当地を紹介していく演出に会場も一体となり、最後「ありがとう島根!AKB48TeamA」というパネルをメンバー全員で掲げると、ひときわ大きな歓声が会場中に響き渡った。

そして、アンコールも終わり幕が下りても鳴り止まない拍手に、「まだまだ盛り上がれますか?」と影アナが入り、Wアンコールで高橋みなみセンターの『ヘビーローテーション』が始まりました。「島根、ありがとう」と最後の決め台詞を替え歌して、全国ツアー2014第1回目の島根県が幕を閉じた。(C)AKS

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング