復活のサスケ「原点」で雨の中ファン300人と大合唱

dwango.jp news / 2014年6月28日 22時38分

今年4月に再結成を発表したサスケが活動の原点、埼玉県JR大宮駅西口にある、アルシェ1Fステージにて、ライブイベントを行った。

このイベントは8月27日(水)にオリジナルアルバムとしては初、そしてデビュー10周年記念アルバム『sasuke』を発売に先行して、6月25日(水)に『青いベンチ -10th Anniversary-』完全数量生産限定¥500(税抜)シングルをHMV大宮アルシェで発売を記念してのもの。

この日、駆けつけた300人のファンを前に『青いベンチ-10th Anniversary-』をはじめ、アルバム『sasuke』に収録される、『青いベンチ』のアナザーストーリーソングとして話題の『青いラブソング』など、6曲を披露。ライブ序盤から降り出した雨はライブが進むにつれて容赦なく強くなる一方、立ち去ろうとするどころか、一緒に歌う者もいれば、目を閉じてじっと歌を聴く者、涙を流す者など、それぞれの思いを胸にサスケ二人の歌声に浸っていた。

ライブの最後に披露された今月25日に発売になった『青いベンチ-10th Anniversary-』では、北清水雄太の「雨の中ありがとう!みんなで一緒に歌おう!」の一言に、集まった300人の大合唱がおこり、雨の大宮西口に「青いベンチ」が響き渡り、サスケ第二章のスタートを祝福した。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング