ケツメイシ、新曲のミュージックビデオ解禁

dwango.jp news / 2014年7月9日 18時0分

約1年7か月ぶりとなる待望のオリジナルアルバム『KETSUNOPOLIS 9』を7月23日にリリースすることが決定しているケツメイシ。

今回そのアルバムのリード曲となる『親父のメール』のミュージックビデオが解禁となった。

愛する息子・娘にぎこちなくメールでメッセージを送る父親という設定がホロッとさせるこの作品、メインキャストには名俳優の志賀廣太郎、本田博太郎を迎え、二人が絶妙な表情で演じる“親父”が思わず涙を誘う、ハートウォーミングな映像となっている。そして両優の娘、息子役として登場するのが実はケツメイシTOUR2013にて行われた演劇「ケツメイシ名曲劇場」に出演していた細野今日子、増田修一朗、さらにその友人役に杉浦大介。こちらもケツメファンをニヤリとさせる演出で要注目のミュージックビデオとなっている。

照れくささの中に、オヤジの深い愛情を感じることが出来るこの曲、楽曲に関してメンバーは下記のように語っている。

「最初にトラックを聴いた瞬間<そっちの暮らしは辛くないか?>という言葉が浮かんだんです。そうしたら、父親をテーマにした曲を作るしかないだろうって。年配の人が、一生懸命努力して何かをスタートさせている姿というのが、いいなって思ったんです。」RYOJI

「うちの父親はデジタル・ボーイなんで、すらすらとメール送ってきたりとかするんですよ。写真も貼付したりして。どちらかと言うと、母親のほうがぎこちないかもしれない。先日もスマホから、ガラケーに戻したくらいですから。」RYO

「実際、僕の父親もたまにメールを送信してくれるんですけど、誤字・脱字が多かったり、文字変換もおかしかったりするんですけど、じっくり時間をかけて打っているんだろうなって。そういう姿を想像しながらも、一生懸命送ってくれたメールに、なかなか返信できない自分の照れくささも重ね合わせながら、作った曲です。」大蔵

「それぞれの親父像が、この曲では表現されているのかなと。でも、父親を思う気持ちは一緒なんですけどね。だから、聴く人によって感情移入できるポイントは異なるとは思いますが、最後には親父からのメッセージにはちゃんと応えていかないといけないという気持ちになるのでは。」DJ KOHNO

なお、ミュージックビデオはアルバム『KETSUNOPOLIS 9』に収録される。

またケツメイシはこの夏、全国各地の夏フェスに出演が決定している。この夏、日本をケツメイシが盛り上げてくれること間違いなしだ。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング