KANA-BOONがキャンペーンガールオーディションを開催

dwango.jp news / 2014年7月11日 17時0分

8月30日(土)に大阪・泉大津フェニックスにて、初めての野外ワンマン「KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり! in 泉大津フェニックス」を開催するKANA-BOON。

イベントに向け、彼らと共にイベントのPRをしてくれるキャンペーンガールを募集することが発表された。

「ドキッ!KANA-BOONのお祭り娘選手権」と銘打ち開催されるこのオーディションは関西在住の女の子を対象とし、優勝者はキャンペーンガールとしてラジオに出演するなど、KANA-BOONと一緒にイベントを盛り上げていくことになる予定。もちろん、オーディションの審査員はKANA-BOONメンバーだ。オーディションへの応募は、ただいまつり!特設サイトにて受付けている。


【メンバーコメント】
「僕らを大きな愛で包んでくれるマザーテレサ感が重要です。基本的にかわいい女の子には甘くなりがちですが今回ばかりは厳しい審査を行えそうな予感がします。決して下心はありませんが僕のタイプだったら即採用です。」(Vo/Gt 谷口鮪)

「キャンペーンガール。
そういった言葉に一括りにされる必要はありません。そのままのあなたを出してくれたらいいのです。
ありのままの姿みせるのよ ありのままの姿。
水着姿ができたらみたいなぁ。」(Ba めしだ)

「「私こそが真のKANA-BOONだ。」そういった、誠意が、信念が見える熱い方を基準として審査しようと考えています。他メンバーは外見しかみていないでしょう。私がちゃんと内面を判断し、審査したいと思います。」(Gt 古賀隼斗)

「元気過ぎるぐらいの人。自分を持ってる人。
KANA-BOONってバンドを世界一PRしたいって気持ちを抱いてるひと。そんな人を期待しております!オーディションだからって緊張せず、キャンペンガールをしたいんだ!!って気持ちだけ持ってきてください。楽しみにしております。」(Dr 小泉貴裕)

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング