ベイビーレイズにアンタッチャブル柴田「簡単に解散なんて言ったらいけないよ」

dwango.jp news / 2014年7月19日 22時4分

7月19日(土)ニッポン放送「古坂大魔王のアイドル倶楽部」8月放送回の公開収録が行われアイドリング!!!菊地亜美と橋本楓、ベイビーレイズ林愛夏と渡邊璃生、さんみゅ~から新原聖生、野田真美の2名が参加。

4月から放送中のこの番組で公開録音イベントを行うのは初めてで、今回番組の リスナー約80名が抽選で招待。公開収録には、パーソナリティの古坂大魔王、アイドリング!!!から菊地亜美と橋本楓の2名、ベイビーレイズから林愛夏と渡邊璃生の2名、さ んみゅ~から新原聖生、野田真美の2名が参加し、8月の特別講師としてアンタッチャブルの柴田英嗣が出演。今回の企画は「プロフィール ツッコミ宣言」。芸能人の顔とも言えるプロフィールにアンタッチャブルの柴田英嗣と古坂大魔王がバシバシとツッコミを入れて、より興味を引くプロフィール に変えていこう!という企画。

最初に登場したのはベイビーレイズ。林愛夏は、自己PR「芸能界という厳しい世界を15年間生きてきました。沢山仲間が辞めて行きました。続けることの根性や我慢強さは誰にも負けません。」があまりに重いので、明るく言う練習をすることに。半笑いで言うなど工夫をしてみても、最後まで真面目すぎる林に、古坂大魔王からは「アイドル界の官僚だ!」と一言。一方、渡邊璃生の特技は「気持ち悪い動きができる」「口にイワシを 入れた生物が描ける」など。突拍子もないことを言う渡邊への対処法としては「ほとんど無視です」と林。“1万人の署名が集まらないと解散しな いといけない”ベイビーレイズに、“解散はせずに活動休止”していたアンタッチャブル柴田が「簡単に解散なんて言ったらいけないよ」と過剰に 反応する姿も見られた。

続いて登場したのはさんみゅ~。野田真実が「せーの、さんみゅ~の“ちょこんと妖精”まみりんこと野田真実です」と発すると、古坂大魔王から 「ひとりで言うのに“せーの”はいらないでしょ!」と鋭いツッコミ。「ちょこんと」が「ちょっと」という意味だと判明すると、キャッチフレーズの最後に「早く人間になりたい!」とつけるようにアドバイスを受けました。また、鹿児島県出身の新原聖生が「薩摩おごじょです」と方言で自 己紹介すると、強さを表現するためにキャッチフレーズの合間に「触んなよ!」、最後に「ドッカーン」という桜島の噴火も入れよう、とアドバイスを受けた。

最後に登場したのはアイドリング!!!。アンタッチャブルの柴田と菊地亜美は日本テレビのバラエティ番組「ナカイの窓」で次世代MCの座を競い合ったことも。橋本楓の自己PRが「何事も楽しくやることができます!」ということで、100トンの泥を左から右へ移動する仕事を楽しそうにやる、という表現にチャレンジ。イメージフラワーがアネモネの菊地亜美は、腕が普通の人では曲がらない角度に曲がる、という特技を活かしながら「アネモネの花のものまね」をする、という古坂大魔王からの無茶ぶりに見事応えた。今回収録した模様は、8月1日(金)さんみゅ~の週、8日(金)アイドリング!!!の週・22日(金)ベイビーレイズの週という順に放送される。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング