AKB48全国ツアー滋賀県でサプライズ「フライングゲット」

dwango.jp news / 2014年7月20日 23時11分

AKB48全国ツアー2014「あなたがいてくれるから。~残り27都道府県で会いましょう~」23県目として、倉持チームBが滋賀県「滋賀県立劇術劇場びわ湖ホール」を訪れた。

全国ツアー23県目となる滋賀県での1曲目は「滋賀県のみなさんこんにちは~!」と麻友のかけ声から、滋賀県出身メンバー田名部生来がセンターを務める『フライングゲット』から始まり、「ただいまー!滋賀―!」と凱旋の喜びを体中から表現。ユニット曲では、生駒センターの『投げキッスで撃ち落とせ!』、柏木の『ハート型ウィルス』、麻友の『MARIA』、そしてAKB48の中で唯一ボイスパーカッションができる大家がいるチームBならではのアカペラ『言い訳Maybe』では、チーム内でも歌唱力の高い倉持、竹内、名取、小笠原がしっとり歌い上げると、青いペンライトに揺れる会場は温かい手拍子と美しいハーモニーに包まれた。

一人MCを担当した小笠原は、動物メドレー紹介として、動物絡みのメンバ―情報やものまねなどを披露し、NMB48で鍛えられたトーク力で会場を湧かす。犬の耳を付けた麻友らが『ラブラドール・レトリバー』を、猫耳をつけセクシー衣装を着た柏木や高城らが『シャムネコ』を、そしてMC小笠原自らステージ上での生着替えをし『走れペンギン』を生駒らと披露しました。そして、AKB48では初披露になる乃木坂46の『制服のマネキン』では柏木、麻友を従え生駒センターでキリリと歌い上げた。

チームBらしい可愛らしい楽曲だけでなく、クールでかっこいい一面も覗かせ、チームBの過去から現在までを感じとれるようなセットリストとなった。

滋賀県でももちろんご当地バージョンの『AKB48滋賀県Ver.』が披露され、コンサート会場の目の前に広がる琵琶湖から、道の名前、特産品まで地元の方が楽しめる歌詞に盛り上がる。

最後Wアンコールでは、田名部センターでの『ヘビーローテーション』『1,2,3,4!』『し・が・け・ん!』と変えたり、ダンスパートもオリジナルの振付で披露し、田名部は「本当に最高の一日になりました」と締めくくった。(C)AKS

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング