山下智久、初のダンスミニアルバムは超豪華製作陣

dwango.jp news / 2014年7月22日 13時12分

山下智久が初の企画アルバムとして、Dance Tracks Mini Album『遊』(読み:あそび)を2014年8月20日(水)にリリースする事がわかった。

昨年は自身主演ドラマの主題歌として、真心ブラザーズの名曲『サマーヌード』を2013年バージョンとして大胆カバーした『SUMMER NUDE’13』でオリコンウィークリーチャート1位を獲得。同年9月には、AI、ケツメイシ、SEKAI NO OWARI、ヒャダイン、久保田利伸、大沢伸一、MONKEY MAJIK、MIYAVI、Rake等の錚々たる面子に加え、香取信吾(SMAP)、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)も参加した超豪華なアルバム『A NUDE』をリリースし、各方面で話題に。

更にそのアルバムを引っ提げての全国TOUR「TOMOHISA YAMASHITA TOUR 2013 -A NUDE-」では、今までになく全国各地を細かく回り各地のファンと触れ合う機会も多く作ってきた。

そんな山下智久が初の試みとして、ダンスミュージックのみで構成するミニアルバム『遊』をリリースする。気になる内容はというと、作詞に秦基博氏、作曲にBACHLOGIC氏を迎えた『HELLO』、ミックスエンジニアにマイケルジャクソンのエンジニアDAVE WAY 氏を起用した『Mysterious』、渋谷慶一郎氏がダブステップ、エレクトロを駆使し、山下智久本人が作詞を手掛けた『Moon Disco』、中田ヤスタカ(CAPSULE)氏による最先端ダンスミュージック『Back to the dance floor』、大沢伸一氏による『Dress Code:』等を含む全7曲収録。更に山下智久SHOP限定盤は「遊」オリジナルTシャツ付豪華BOX仕様。

今回の作品に関して、山下智久はこうコメントしている。「いろんなジャンルのダンスミュージックを集めて1枚のアルバムを作るという、以前から僕が表現したかった形でこの作品を作る事ができてとても嬉しく思っています。普段あまりこういう音楽を聞かないようなファンの皆さんにも、この作品を通してダンスミュージックに親しんでもらえたらいいなと思います。」しかも今作は通常盤・限定盤共に完全生産限定商品という事なので、発売日には確実にゲットしたいこの夏のマストアイテムだ。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング