TEE&AIのMV、本人登場せず日本フェザー級チャンプのドキュメントに

dwango.jp news / 2014年7月23日 13時25分

声帯ポリープ手術から完全復活することを誓い、現在はリハビリに専念中のTEE。そんな中、AIとのコラボレーション曲『Let it be』のミュージックビデオが完成した。

今回『Let it be』MVは、台本があるようないわゆる「ドラマ仕立て」ではなく「ドキュメンタリー」タッチの仕上がりとなっている。その主人公はTEEの大学時代のボクシング部の後輩であり、現日本フェザー級チャンピオンある細野悟選手。撮影は同選手に完全密着し、普段の私生活から練習風景まで、かなり踏み込んだ所まで取材、撮影となっている。また細野選手が大学時代の試合の映像や、先日6月23日に後楽園ホールで行われた「日本フェザー級タイトルマッチ(細野悟 対 関豪介)」の模様も収録。

『Let it be』の楽曲のテーマでもある「自分達が今存在できているのは、周りの人に支えられてきたからからこそ。感謝する友人や家族、恋人、ファンに向けた曲」という楽曲テーマと相まって「ドラマ仕立て」では描ききれない、もっと感情に訴えかけてくるような作品になっている。

≪TEE≫
今回のMVは、あえて自分もAIちゃんも登場せず 1人のプロボクサーのドキュメントをそのままMVにしました。現日本チャンピオンでもある細野悟選手。自分の大学のボクシング部の後輩でもあるんですが彼は過去世界に3度挑戦し、3度挫折したがそれでも諦めず4度目に挑戦しようとしている男です。「ここまで諦めずこれたのは 支えてくれる人たちがいたから。そんな支えてくる人たちに感謝の気持ちが伝わると嬉しい」そんな彼の熱い言葉が自分達を動かしたし、その言葉通り本当にリアルで温かいMVになったと思っています!見た人には細野選手を応援してもらいたいし、日々の暮らしの中で何かを頑張る糧になってくれたら嬉しいです。個人的には、昔、細野と『いつか何か一緒にやろう!』 と約束していたのでそれが現実になって嬉しいです。

≪細野悟選手≫
大学の頃2人で皇居走りながら、夢を語り合ってて、TEEさんは音楽の世界に行ってしまったんですけど「いつか2人で何か出来たらいいよなっ」何て話をあの頃していました…その頃は僕はボクシングでTEEさんと世界戦を闘いたかった(笑)けど、それは出来なくなってしまって。けどあの時の2人で「何かしようぜ」って約束をこういう形で、実現させてくれるあの人はすごい人だと思いました。MV出演依頼された時、瞬時に思いましたね「うわぁ、キタ〜ッ!て。あの頃の夢を忘れてなかったんだって」本当に嬉しかったです!またこれから世界に向けての、ステップを踏んで行けそうな感じなので、僕としてもまだまだ頑張る勇気が湧きました。本当にありがとうございました。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング