安倍なつみ誕生日LIVEでサプライズゲスト

dwango.jp news / 2014年8月10日 20時51分

7月19日の「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」を皮切りにスタートした全国5カ所8公演のライブツアー「安倍なつみ Summer Live 2014~Smile…(ハートマーク)~」。

そのツアーの東京公演、「安倍なつみ Summer Live 2014~Smile…(ハートマーク) Birthday Special~」が彼女の誕生日、8月10日にTSUTAYA O-EASTにて行われた。彼女の登場を待ち切れず、「なっちー!!なっちー!!」と声援が飛び交うフロア。台風が迫っていることなど忘れさせるほど、会場は集まった老若男女たくさんの人の期待と熱気で満ちあふれていた。

黒のシックなスカート姿で登場した安倍は『Best Friend』をしっとりと歌い上げ、2曲目は『トウモロコシと空と風』。ポップなナンバーにフロアは弾けたように大歓声を上げ、一斉に踊りだす。客席のテンションは早くも高みに。そして大人っぽさの中にも安倍のキュートな魅力の詰まった楽曲を続けて披露し、ますます会場を魅了していく。

MCでは、「なんか誕生日って本当にありがとうの日だなって思うんですね。」と安倍。「33年間こうやって生きてこられるっていうのはある意味奇跡で。これは当たり前なことじゃないんだなあって思ったりもしました。だから本当に今元気にステージに立って歌を届けられるってことも本当に感謝だし、すべてはありがとうで感謝なんだなあと思って、改めて皆さん、ありがとうございます。」と真っすぐに感謝の言葉を述べ、「これからも自分らしく、人としても女性としても歌手としても成長し続けたいなと思いますので、皆さんこれからも支えてくださいね。」と改めて意気込みも語った。そしてモーニング娘。時代に安倍がセンターをつとめた楽曲『ふるさと』を始め、心にじんわりと染みるようなバラード曲を切なげにもしっかりと力強い歌声で届けていく。

ライブを見ていて強く感じたのはお客さんたちの“暖かさ”だ。安倍が歌っているときはもちろん、楽器陣のソロパートでも力強く手拍子を打ってはおおいに盛り上げる。ファンはアーティストの鏡とはよく言ったものだが、それをひしひしと感じられた空間だった。バンドのインスト演奏が終わると、可愛らしいストライプのオールインワンに衣装を変え、再び登場した安倍。

「息を重ねましょう」を爽やかに歌い上げた。曲が終わったが止まないメロディに、不思議そうな表情を見せた安倍。すると、サプライズとして過去に『母と娘のデュエットソング』で安倍とデュエットを組んだおけいさんが誕生日を祝いに花束を持ち登場。突然のことに驚きの声を上げながらも、おけいさんとお客さんからの暖かい声を受け、心から幸せそうな笑顔を見せた安倍だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング