「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」伝説の編集長登場!

dwango.jp news / 2014年8月14日 14時24分

毎月第二火曜日21時より放送中、「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」。5回目となる放生送が、8月12日(火)の21時より行われた。

「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」の魅力は、タイトルにも記されているように、宮路一昭と川村万梨阿、両パーソナリティのリードのもと、アニメ業界の歴史を、ゲストを交えて紐解いてゆくところにある。今回は、「情報・出版」という視点からアニメ業界を分析。冒頭は、2人にまつわる情報コーナーから。宮路一昭プロデュースによる声優・大橋歩夕のアルバム『ちっくリマスター』と『未来トラベラー』を紹介。他にも、宮路一昭と川村万梨阿の2人も出演。宮路一昭プロデュースによる、8月22日に新宿ルイードK4で行われるイベント「TONES night vol.21」などを紹介していた。

鎌田美沙紀のボカロコーナー「メルリ宮殿」では、アプリ「VOCALOID 3 メルリ」の魅力を紹介。8月22日に行われるイベント「TONES night」では、鎌田美沙紀がメルリの楽曲を生歌で披露。こちらも楽しみだ。

ゲストとして招かれたのは、元・月刊ニュータイプの編集長であり、現在は、株式会社KADOKAWA 代表取締役専務の井上伸一郎さん。トークは、スパークリングワインを注いでの乾杯からスタート!

万梨阿さんの井上さんに対する印象は敏腕記者。「これはっ!!」という題材には徹底して食らいつき、好きな作品は「俺が絶対に広めるんだ」と入れ込んでゆく気概を持った方。梨阿さんは「聖戦士ダンバイン」や「重戦機エルガイム」「銀河漂流バイファム」へ出演していた頃に、よく井上さんと接していたそうだ。

「ニュータイプ4号目では、万梨阿さんを沖縄に連れていき、黒ビキニ姿にして撮影した」というエピソードも登場。当時はまだ、声優が歌やグラビアを飾ると論争が起こっていた時代だったことも、二人は教えてくれた。

当時のエピソード話では、富野由悠季監督が積極的にニュータイプへ登場していた頃の逸話も出れば、デザイナーの永野護さんも「井上さんだからこそ安心して預けられる」と、井上さんを信頼しきっていた話も登場。井上さんは「ここを言って欲しかった」というところを上手く突いてゆく褒め上手な方。とくに永野さんは、井上さんの反応次第で絵を描き直したりもしていたエピソードを、万梨阿さんが語ってくれた。

「聖戦士ダンバイン」の頃は、現場に張りついて、同世代の若手声優さんたちとチーム意識を持って接触。番組の打ち上げにまで参加していたほど、何時しかチームの一員として溶け込んでいた話も出ていた。人の心が作品を作ることを知っているからこそ、制作者たちと深く深く接してきた井上さん。制作者や声優たちが命を吹き込んだ作品自体から滲み出るエナジーを、つねに誌面へ投影。それが、数多くの人たちの信頼や、誌面として高い評価を得た要因だったと言えようか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング