大島優子伝説のコンサートが映像化へ

dwango.jp news / 2014年8月19日 14時3分

2014年6月8日(日)に開催された「大島優子卒業コンサートin味の素スタジアム~6月8日の降水確率56%(5月16日現在)、てるてる坊主は本当に効果があるのか?~」。

この伝説のコンサートが、早くもスペシャルBOX(DVD&Blu-ray)、および単品DVDでのリリースが決定した。スペシャルBOXは、本公演のほかにメモリアルコレクションとして雨で2日目が中止となった「AKB48単独春コンin国立競技場~思い出は全部ここに捨てていけ!~」、AKB48としての本当に最後の活動となる「AKB48大島優子卒業公演」の3公演を一挙に収録。

更に大ボリュームの特典映像を収録した豪華仕様。AKB48としての約8年間を締めくくるにふさわしい舞台でおこなわれた、味の素スタジアムでの公演は、大島優子が井上ヨシマサ氏のピアノ生演奏にのせて『泣きながら微笑んで』を独唱。10メートル以上もあるドレスを纏いオープニングからしっとりと歌い上げ幕を開けた。『あなたがいてくれたから』では、これまでの感謝の想いを涙ぐみながら語り、会場の視線を釘付けに。アンコールの『今日までのメロディー』では卒業生もサプライズで登場し、大切な仲間の旅立ちの日を祝福した。

『支え』では大島優子が総勢263名のメンバーと握手で別れを告げた。そして終盤、会場内全体がグリーンサイリウムで見送る中、初めて総選挙で1位となりセンターを務めた『ヘビーローテーション』を歌いながらゴンドラに乗って大空に羽ばたき、最後は「行ってきまーす!」と彼女らしく涙ではなく笑顔での別れとなった。

今回のスペシャルBOXは、メンバーにもファンにも記憶に残る「支え」での大島優子とメンバーとの交流の場面を切り取った、象徴的なパッケージデザインとなっている。(C)AKS

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング