チャオ ベッラ チンクエッティ 10周年記念LIVEで明かした変らぬ夢

dwango.jp news / 2016年8月3日 13時46分

8月2日の記念すべき日に「チャオ ベッラ チンクエッティ!!!! 10周年記念LIVE!!!!」が開催、満員のファンを集めて熱気あふれるステージが展開された。

チャオ ベッラ チンクエッティは、2006年にハロプロエッグから選抜された6人で結成されたTHE ポッシボーとしてデビュー。メンバーの卒業、何度かの解散危機を乗り越えて、ここ数年は人気のV字回復が話題に。一年前に現在のグループに改名して、岡田ロビン翔子(ロビン)、後藤夕貴(ごとぅー)、橋本愛奈(はしもん)、諸塚香奈実(もろりん)の4人で活動をしている。

10周年記念のライブは、メンバーによって考えられたこの日だけのスペシャルなセットリスト。岡田ロビン翔子がレギュラー出演しているbayfm「THE☆BAY LINE」での共演が縁で、声優・山寺宏一が様々なタッチで「チャオ ベッラ チンクエッティ」というボイスを収録したライブ開幕のSEに続いて、最新アルバムから『BOOM!×3~ジェラしっちゃうぞ!焦らしっちゃうぞ!~』でライブはスタート。モノトーンを基調にしたセクシーなコスチュームで登場したメンバーは、序盤はほぼノンストップで『Do Me! Do!』、『ギミバニラ!』など近年の楽曲を中心に男女のドラマを演じるように舞い歌う。満員の客席では、サイリウムが放つ様々なカラーの光が、リズムに合わせてステージとコンタクトをとるかのよう。

序盤のパートが終り、メンバーが衣装チェンジのためにステージから下がると、ビジョンにはライブの1曲目で歌われた『BOOM!×3~ジェラしっちゃうぞ!焦らしっちゃうぞ!~』のMVが上映。各メンバーがスカーフを噛むなど表情がアップになると、歓声があがった。

160802_2683

MVが終わるとデニムのショートパンツにロビン=ピンク、ごとぅー=イエロー、はしもん=レッド、もろりん=ブルーといったそれぞれのメンバーカラーのシャツに身を包んで登場。歌いたい曲が多すぎて…と組まれた約15分に及ぶ「10周年スペシャルメドレー」は、初期の楽曲を近年の楽曲である『人生はパーリィー! だぁー!』と『なんじゃこりゃ?!』ではさんだ構成。『主食=GOHANの唄』で、当時のカワイイ歌声を再現するも、すぐに現在の歌唱スタイルにもどってしまうが、THE ポッシボー初期楽曲を今のメンバーのスタイルで聴くのも10年のキャリア、成長を体感できるというもの。最近知ったファンには新鮮で、長く応援してきているファンには久し振りに生で聴く曲もあったことであろう。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング