ロシアが一時亡命を認めたスノーデンの就職先は

ニューズウィーク日本版 / 2013年9月11日 16時1分

 米政府のネット監視システムを暴露した元CIA職員のエドワード・スノーデン(30)がロシアへの一時亡命を認められたのは8月1日。スノーデンが長期間滞在したシェレメチェボ国際空港の乗り継ぎエリアを出てモスクワ市内に向かうと、ロシア当局やメディア、企業はすぐに彼を「英雄」「スター」と呼んでセレブ扱いした。

 ただし、今後の身の振り方はまだはっきりしない。ロシア国内には、セレブとして活動し、アンナ・チャップマン(10年にアメリカで摘発されたロシアの元美人スパイ)と結婚すべきだという声もある。メディアから身を隠してひっそりと暮らし、ロシアの情報セキュリティーの強化に協力すべきだという意見もある。

 スノーデンが先週、ロシアで仕事を見つけたいという希望を口にすると、ロシア版フェイスブックともいわれるSNS大手フコンタクチェのパーベル・ドゥロフ社長がプログラマーとして迎え入れたいと歓迎。一方、ロシア政府に近い政治アナリストのセルゲイ・マルコフは、政府系のテレビ局ロシア・トゥデイでスターのキャリアを積むべきだと言った。

 だが、安全保障問題の専門家で情報当局に人脈を持つアンドレイ・ソルダトフは、スノーデンは有名人として活動などできないとみる。「情報機関の完全な監視下に置かれる可能性が最も高い。野党系や独立系のメディアと自由に話すことは禁じられ、当局が政府主催のイベントやロシア・トゥデーの番組に使う形になるかもしれない」

「人権擁護」をアピール

 ロシアの当局者や主流メディアは一時亡命が決まる前から、スノーデンをアメリカに引き渡すべきではないと主張していた。強制送還を求める米政府の要請も、両国関係に悪影響が出るという米国務省の警告も、ソチ冬季五輪をボイコットするという脅しも、ロシア政府を動かすことはできなかった。

 ロシアの外交筋は、アメリカ側の「二重基準」と「偽善的」行動を非難した。ロシア側が特に不満だったのは、両国が犯罪者引き渡し協定を結び、互いに好ましからざる人物を交換できるようにするという提案をアメリカが無視したことだ。

 ロシア政府がテロリストと見なすチェチェン独立勢力の指導者イリヤス・アフマドフはアメリカに亡命し、現在も「安楽に暮らしている」と、国営放送の第1チャンネルは報道した。

 ロシア下院のアレクセイ・プシュコフ議員は、スノーデンの一時亡命を許可すればロシアのイメージアップになると、ツイッターで主張。「国際レベルでロシアが人権を守る側に回ったことをアピールできる」

 政治アナリストのユーリ・クルプノフは、スノーデンの滞在を許可したロシア政府は「米政府に復讐したのだ」と語る。この指摘の念頭にあるのは、マグニツキー法だ。ロシア内務省の汚職を告発した弁護士のセルゲイ・マグニツキーが刑務所で変死した事件に関連し、ロシア当局者を処罰する内容。12年にオバマ大統領が法案に署名して成立した。「ちょっとした嫌がらせだ」と、クルプノフは言う。「アメリカは人権を理由にわが国をたたいた。今度はこちらが人権でお返しする番だ」

 スノーデンにはロシアで「アメリカ人のいい友人が何人か」できたと、担当弁護士のアナトリー・クチェレナは言う。「新しいアメリカ人の友人たちは、彼専用のボディーガードを探すのを手伝ってくれた」
だが、彼らもスノーデンが注目と監視の対象になるのを防ぐことはできそうにない。

[2013.8.20号掲載]
アンナ・ネムツォーワ (モスクワ)

ニューズウィーク日本版

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング