元秘書が解くビートルズ50年の「封印」

ニューズウィーク日本版 / 2013年12月6日 16時37分

 ポール・マッカートニーの11年ぶり来日公演をきっかけに、再びザ・ビートルズとその音楽への関心が高まっているが、彼らを影で支えた秘書のフリーダ・ケリーが50年間の沈黙を破って秘話を語ったドキュメンタリー映画『愛しのフリーダ』が、12月7日から日本公開される。

 リバプールのキャバーン・クラブに通う1人のビートルズファンに過ぎなかった17歳のフリーダは、マネージャーのブライアン・エプスタインに見いだされてバンドの秘書兼ファンクラブ責任者に。以後11年間、「世界最高のバンド」を間近で見つめながら、彼女は70年の解散後、すべてを封印して喧騒とは無縁の静かな人生を歩んできた。なぜ50年経ってその封印を解いたのか。メンバーの素顔とビートルズの真実とは。来日した本人に聞いた。

──50年経った今、ビートルズについて改めて語ろうと思ったきっかけは?

(2011年3月に)ニュージャージー州で開かれたビートルズフェスティバルに招かれたのがきっかけでした。ずっと長い間(ビートルズとは)距離を置いていて、ようやく決心して参加したわけだけど、その時のファンから「何かやるべき」って言われて。私はまだ懐疑的だったのだけど、孫が生まれて、(母親である)娘から「彼(孫)のために語り残すべき」と言われたことが決め手になりました。

──映画に出ると決めた時、ポールとリンゴに相談は?

 いいえ。なぜなら、自分自身が(当時)何を語ったかは、自分が一番良く知っているので。

──映画の最後に「サプライズ」がありますね。

 ええ! でも私からは何もアプローチはしなかったんですよ。アップルが今回、ビートルズの曲の使用を認めてくれたことが、何よりの理解の表れでしょう。



──以前、ポールはローリングストーン誌のインタビューで「今でも頭の中でジョンに作曲の相談をするんだ」と答えていました。ただの友情、というだけでは語れそうにない2人の関係は、近くで見ていたあなたの眼にどう映りましたか?

 曲を作っている時以外しか見てないですが、2人の関係は決して危機的な状況に陥ることはありませんでした。何があっても必ず最後は笑って終わる、というような。

──非常に対照的な2人ですね。ポールは明るくて外交的、ジョンは内省的でストレート。

 その通り。ポールはメディアとの付き合いもうまかったのに対して、ジョンは実直過ぎて、発言を叩かれてしまうことがよくありました。ただ2人はそんなに違うことを言っていたわけではないですよ。

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング