「先祖返り」する習近平体制 - ふるまい よしこ 中国 風見鶏便り

ニューズウィーク日本版 / 2014年5月21日 15時12分

 習近平政権はその出現前から一部でささやかれていたように、完全に前任の胡錦濤政権とは違う、自分の価値観を推し進めていることが次第に明らかになってきた。同じ中国共産党による政権には変わりないのだが、80年代の改革開放以降、少しずつカラーは違えど西側社会の価値観を少しずつ取り入れつつあったところに、この政権はこれまでの脈絡を無視して、独自のカラーを社会に押し付けつつある。

 最近特にそれが顕著だと感じるようになったのは、5月初めの人権弁護士、浦志強氏、そして大学教授の徐友漁氏らを刑事逮捕したことだ。浦志強氏はこれまでにも人権や生存権に関わる原告のために何度も弁護を申し出ており、芸術家艾未未が逮捕された時(「その男、危険につき」)にも弁護士を務め、確かに体制にとってスレスレの微妙な人物な人物だったものの、それでも逮捕という事態に至ったことはなかった。また今回同時に逮捕された徐友漁氏らにしても、これまで多くのメディアで論評、分析を発表してきており、中国の人文系においては最高レベルの研究機関である中国社会科学院で文革を研究している哲学者で、政府のボトムラインもよくわかっているはずだった。

 彼らは5月3日に開かれた「六四25周年研究会」に参加した後に警察に連行され、そのまま拘束、逮捕された。「六四」とは1989年に起こった天安門事件のこと。25周年に当たる今年は当然当局も厳戒態勢に入っているが、それにしても公開活動ではなく、私的な呼びかけによって行われたこの研究会がきっかけで逮捕されるというのは、過去同様の研究会が開かれた時にはありえなかったことだと、5年前の20周年研究会に参加したメンバーは語る。インビテーションを受けて集まった参加者のうち、20人近くが事情徴収に呼ばれたが、そのうち浦氏ら5人がそのまま拘束された。

 浦氏たちの容疑は「騒乱挑発罪」。騒乱も何も、私的でクローズドな集まりですら取り締まりの対象になるのか?という声も上がっており、さらには浦氏の同僚弁護士からはこれは明らかに「口袋罪」(敢えて訳すと「大風呂敷」罪か)、つまりある具体的な行為がどの罪状に符合するかわからない場合、ある法律で触れられている内容に近いと直接その条項を適用したものだと指摘されている。司法側が法律を都合良いように解釈し、目をつけた人間をとにかく拘束する場合に多用されている。

 浦氏はもともと1989年の学生運動に参加した世代。先にも述べたように政府に対する権利保護を要求するケースを担当したのでこれまでも当局には目をつけられ、常に公安に見張られる立場だったが、拘束や逮捕には至らなかった。一緒に拘束された徐氏も自由派傾向のある論客として知られるが、国の言論最高機関にいるだけに「ボトムライン」は常に意識してきたはずだ。彼らのような人物があっさりと逮捕されてしまったことに、日頃、権利や社会正義に注目する人たちだけではなく、かつて浦氏に助けられた陳情経験者や徐氏らの評論を楽しみにしていた知識人の間に衝撃が走っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング