弟ブッシュがついに大統領選へ始動?

ニューズウィーク日本版 / 2014年10月20日 12時29分

 ジョージ・W・ブッシュ前大統領の弟ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が、16年の大統領選の共和党候補指名争いに参戦か──。

 10月23日にサウスカロライナ州で開かれるパーティーに出席するのは、その合図かもしれない。再選を狙う同州のニッキー・ヘイリー州知事のための資金集めパーティーだが、ブッシュは注目の的になるはずだ。1万ドルの寄付を約束すればブッシュとの懇談会に参加できる特典もある。

 それより少ない額でも、ブッシュとのレセプションや写真撮影が用意されている。サウスカロライナは共和党予備選の序盤州で、昔から共和党の大統領候補にとって重要な州だ。

 専門家はブッシュの動向を注視している。友人らによればブッシュは11月の中間選挙後に決断を下す考えで、以前から重視する教育・移民政策以外の分野でも予習に余念がないという。

「ブッシュ家の人々と話した感触からすれば、出馬の可能性は50%以上だと思う」とブッシュの支持者で、ブッシュ前政権時代に退役軍人省長官を務めたジム・ニコルソンは語った。側近の話ではブッシュが懸念しているのは家族のことだ。妻コルンバは政治も脚光を浴びることも好きではないらしい。

ロムニーの二の舞になる可能性も

 ブッシュ自身、今は政治家としての将来よりもビジネスのほうに関心があるのかもしれない。ブッシュが会長を務めるフロリダ州のプライベート・エクイティ(未公開株)ファンドは、過去3年間で国内外の投資家から6640万ドルを調達した。

 出馬する場合は納税額を公表し、07年の州知事退任以降のビジネス活動について明らかにしなければならず、ありがたくない注目を浴びる可能性もある。12年の共和党予備選の際に脱税疑惑で泣かされたロムニー前マサチューセッツ州知事と似たような運命だ。出馬についてブッシュの広報担当者は、ブッシュは現在「大統領候補ではなく実業家」だとコメントしている。

 それでも「多くの人が父の出方を見守っている」と次男のジェブ・ブッシュJr.は言う。「出馬を求める圧力は大きい」

[2014.10. 7号掲載]
ゾーイ・ミンツ

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング