FRB、世界経済減速に配慮せずQE終了の構え

ニューズウィーク日本版 / 2014年10月28日 17時27分

 ドルの価値は高まり、世界経済の成長も減速するとの予測が出ているにもかかわらず、FRB(米連邦準備制度理事会)は予定どおり、今週の連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和策(QE3)を終了する見通しだ。

 回復基調にあるアメリカの雇用が諸外国の経済の落ち込みを相殺するだろうと、エコノミストたちは指摘する。金利の引き上げは来年の早くて6月、遅くとも12月には行われるとみられる。

 FRBは先々週、消費が回復し、いくつかの業界では賃上げの傾向もみられるとし、米経済は「緩やかな」成長に向かっているとの見方を示していた。

 ただし米経済が健全な一方で、ユーロ圏は低迷しており、リスクを抱えている。
 
 IMF(国際通貨基金)は今月、ユーロ圏が今後6年以内に3度目の景気後退に陥る可能性が40%あると発表。9月のインフレ率がこの5年間で最も低い0.3%を記録したためだ。

 8月には欧州最大の経済国ドイツ輸出が急落。日本と中国の過去3カ月間の経済予測も落ち込んでいる。

 FRBは12年以来、長期国債の買い入れなどで量的緩和策を行ってきた。これにより、2%のインフレターゲットを維持し、金利も低く抑え、経済の活性化に貢献してきた。FRBは9月のFOMC会合の後、経済状況が許せば段階的に毎月の買い入れ額を縮小し、10月にはQE3のを終了すると発表していた。

 9月以来、ドルの価値は高まり、商品価格の下落によりインフレは2%を切った。世界の原油価格はこの2年ぶりの最安値圏にあり、アメリカのガソリン価格は過去4年で最安値を記録した。

「最近のインフレ率の低下は原油価格の下落が原因なので、FRBは予定どおりQE3を終わらせ、来年には金利を引き上げるだろう」と、キャピタル・エコノミクスのシニアエコノミスト、ポール・デールズは述べている。

 ゴールドマン・サックスのアナリストは、QE3の終了を受けた来年の世界経済と米経済の成長率はそれぞれ0.3ポイントと0.1〜0.3ポイントのマイナスと予測。「全体的に見て、それほど衝撃的な減速ではない」としている。

ミーガン・クラーク

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング