パイレート・ベイ対策に手を焼くレコード会社

ニューズウィーク日本版 / 2014年11月13日 17時21分

 ピア・トゥ・ピアで手軽にファイルを交換・共用できるサイト「パイレート・ベイ」は、映画や音楽などのコンテンツ制作会社にとっては厄介な敵だ。映画会社やレコード会社は過去にもたびたびこのサイトを「著作権侵害の幇助」で訴えてきた。

 創設者らが損害賠償や懲役刑を科されるなど、コンテンツ制作側は一定の勝利を収めてきた。だがサイトは存続し、違法ダウンロードはいっこうになくならない。しびれを切らした映画・レコード会社はパイレート・ベイ発祥の地スウェーデンのインターネット接続サービス会社を相手取って訴訟を起こした。

 スウェーデンの著作権法はアメリカよりもかなり手ぬるい。それでも裁判の行方によっては、スウェーデン国内でもパイレート・ベイの利用が大幅に制限される可能性がある。

 訴訟を起こしたのは、ソニー、ワーナー、それにスウェーデンの映画産業組合と世界屈指の老舗映画会社であるデンマークのノルディスク。訴えられたのはスウェーデンの大手プロバイダー、B2ブロードバンドだ。原告側のレコード・映画会社はこれまでB2にパイレート・ベイへのアクセスを遮断するよう求めてきた。だがB2が顧客の行為についてはプロバイダーは責任を持てないとして、この要請を突っぱねため、レコード・映画会社が訴訟に踏み切った。

 パイレート・ベイは03年の創設以来、じわじわ利用者を増やし、日に何百万件ものアクセス数を誇るまでに拡大した。利用者にとっては映画や音楽やゲーム、ソフトウェアなどをただでダウンロードできる便利なサイトだ。

 このところまた、このサイトがメディアを通じて悪名を轟かせている。10月初めには創設者の1人ゴットフリード・スバルソルムがハッキング行為と重大な公共物破損で有罪判決を言い渡された。スバルソムと共にサイトを立ち上げた1人フレデリック・ネイジは長く逃亡生活を送っていたが、11月初めにタイとラオスの国境付近で逮捕された。

 今回の訴訟では、原告団はパイレート・ベイに加え、映画ストリーミングサイトのスウェフィルマーへのアクセスも遮断するようB2に求めている。



 全米映画協会(MPAA)と米レコード協会(RIAA)はナップスターなどを通じた違法ダウンロードに頭を抱え、ここ数年何件もの訴訟を起こしてきた。だがナップスター問題が収まっても、ファイル共用サイトは次々に設置され、イタチごっこの状況になっている。

 ソニー、ワーナーなどは訴状で、パイレート・ベイやスウェフィルマーの著作権侵害の幇助については、プロバイダーの「B2ブロードバンドにも責任があることを客観的に立証できる」と述べている。

 ネイジ逮捕のニュースなどでパイレート・ベイの過激な姿勢が再び注目されていることが、裁判で原告側に有利に働くことも考えられるが、現時点では予断を許さない。原告側の弁護人ヘンリック・ベンクツォンは、原告団がこの訴訟についてあえて記者発表を行わなかったのは粛々と審理が進むことを望んだからだと説明している。「われわれはあえてこの件を表に出さなかった。メディアの騒ぎが審理に影響を及ぼすことを誰も望んでいないからだ」

ジェフ・ストーン

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング